メゾン フランシス クルジャン アクア ヴィタエ オードトワレ、アクア ヴィタエ フォルテ Aqua Vitae Forte

いかにも香水をつけてます、といった強い香りではなく、自分の肌の匂いに馴染む心地いい香りが、いまの気分。

蒸し暑さの中で汗をたくさんかいても、自分の肌からほっと落ち着けるいい香りが漂ってきたら、なんだかホッとしますよね。

また、この時期は香害のことが気になる方もいるかもしれませんね。

今回ご紹介するのは、肌にそっと寄り添ってくれながらも、少しだけ個性と夏を感じさせてくれる香り・・・

夏にピッタリのシトラス系、メゾン フランシス クルジャンから、アクア ヴィタエ オードトワレと、アクア ヴィタエ フォルテ(オードパルファム)をご紹介します。

スポンサードリンク

アクア ヴィタエの世界観

アクア ヴィタエは、生命の水という力強いネーミングをもつ作品です。

フォルメンテーラ島という、イビサ島の近くに浮かぶスペインの島がモチーフとなっているのです。

季節は夏、燃えるような夏の太陽が沈みかかった、夕日に染まる水平線。

太陽と海が作り出す美しいひとときを眺めながら、言葉を交わさず、ただふたりで過ごす砂浜・・・。

そんな、バカンスの一場面を思わせる、大人のためのシトラス系

単なるアクアシリーズの一つというよりも、もう少し踏み込んだ水の表現ですね。

アクア ヴィタエ オードトワレの香り

アクア ヴィタエ オードトワレ 香りの構成

カリビアンレモン、シチリアンマンダリン、ジャスミン、ブラジリアントンカビーン、バニラ、エディオン、ガヤックウッド

調香師:フランシス・クルジャン(Francis Kurkdjian)

男女兼用のフレグランスですが、アクア ヴィタエは、オードトワレの方が男性っぽさを感じる作品です。

つけたての瞬間は、レモンとマンダリンの爽やかなシトラス系の雰囲気。

クルジャンらしい、透明感に溢れた柑橘系の表現は、クリアーな炭酸系ドリンクのイメージです。

ミドル以降は、トンカビーンやバニラが入っているので、あたたかみのあるラストノートが現れるのかな?と思いきや、意外にも前面に魅惑的なガヤックウッドが現れました。

甘いバニラ、トンカビーンが思わせるまったりとした香りというよりも、力強く優しい、大きな存在に包まれているようなイメージです。

ガヤックウッドには、ウッディー系の深みのある樹木の香りだけでなく、ほんのりとした甘さ、水気のある土のようなアーシーさも含まれています。

と言っても、オードトワレということもあり、肌の匂いと混じり合いながら、ドライダウンは柔らかく消えてゆきます。

このブログでも過去にご紹介した、ラルチザンパフュームのティー フォー ツーのラストをイメージしました。

紅茶の香りのオードトワレといえば、ティー フォー ツー 。 ラルチザンパフュームを知らない方でも、その存在を耳にしたことがあるかもし...

アクア ヴィタエは、ティー フォー ツーほどにはスパイシーではありません。

ガヤックウッドが引き立つ、ラストノートの雰囲気が似ているなと感じました。

やや男性っぽさを感じるものの、甘みのある香りが苦手な女性でも似合いそう。

いかにも男性用フレグランスをつけています、といった違和感はなく、軽やかさと強さを併せ持ち、公私共に充実した女性のイメージです。

アクア ヴィタエ フォルテ(オードパルファム)の香り

アクア ヴィタエには、フォルテというオードパルファム版があります。

フォルテと言っても、そこはクルジャンです。

香りがきつくなるのではなく、透明感をキープしたオードパルファム。

また、調香もオードトワレ版とは異っているのです。

フォルテというよりも、もうひとつのアクア ヴィタエと言っても良いかもしれません。

アクア ヴィタエ フォルテ 香りの構成

シチリア産マンダリン、カラブリア産ベルガモット、セイロン産シナモン、グアテマラ産カルダモン、ピンクペッパー、オレンジブロッサムウォーターアブソリュート、へディオン、イランイラン、東インド産サンダルウッド、ハイチ産べチバー

調香師:フランシス・クルジャン(Francis Kurkdjian)

オードトワレ版といくつかの香料は重なりつつも、ずいぶんと顔ぶれが変わっているのがわかるでしょうか?

トップノートの主役、マンダリンオレンジの香りは変わっていませんが、レモンではなくベルガモットが入り、グリーン味と苦味がプラスされています。

ミドルでは、イランイランとオレンジブロッサムが女性らしく華やかなムードに仕上げてくれます。

オードトワレ版と共通しているのは、シトラス系を基調にした透明感の演出

エディオンを効果的に使い、香りが長持ちしにくいシトラスの雰囲気を、ミドル以降まで持続させているように感じます。

香りのイメージは、明るい黄色やオレンジ色です。

ポイントは、イランイランが入ることで、オードトワレ版よりもグッとフェミニンに。

日中だけでなく、夜にも使える大人の女性の香りになっています。

透明感があるので、夜遊び系の香りに転んでしまう心配はありませんよ。

アクア ヴィタエのラインナップ

アクア ヴィタエ オードトワレ

アクア ヴィタエ フォルテ(オードパルファム)