ディプティック オーローズ EAU ROSE

ディプティックのオードトワレ、オーローズ。

その名も「バラの水」は、デイタイムにピッタリの使いやすいオードトワレです。

そうは言っても、「よくあるバラの香水」ではないところが、ディプティックらしいところ。

それでは、詳しく紹介していきますね。

スポンサードリンク

現代版のバラ香水

オーローズ、シンプルな名前の通り、それはバラの水。

飾り気のないネーミングの中に、ディプティックらしさが潜む、フレグランス上級者にも楽しめる作品に仕上がっています。

みずみずしいバラの香りがイキイキ

私が気に入っているところは、パウダリーとは真逆をゆくような、みずみずしい仕上がりです。

古典的なバラ香水の特徴といえば、香りつきのお粉をはたいたような、独特の粉っぽさ。

子どもの頃から私はこれがニガテで、随分長い間、バラの香水を避けて通ってきたのです。

オーローズの場合は、さり気なくバラを引き立てるような調香で、パウダリックな表現から開放されています

みずみずしさと甘さを両立させた立役者は、バラと相性が良いライチとカシス。

キラキラとした甘い透明感は、ハニー(はちみつの香り)。

ディプティックのはちみつの香りは、甘ったるくならないところが秀逸です。

そしてこの香りのハイライトである、ミドルノートでのバラの香りは、うっとりするほど素晴らしいです。

ダマスクローズとセンティフォリアローズ、2つのバラの香りを使って表現されているのです。

ダマスクローズは、バラの香りとしてとっても有名ですね。

というのも、アロマテラピーや化粧品に使う、ローズオットーという精油があるのですが、これはダマスクローズからしか採れないのです。

バラの中でも、特にゴージャスな香りです。

もう1つのバラ、センティフォリアローズは、たくさんの花びらを持つバラの種類です。

ダマスクローズと比べると、みずみずしい香りが特徴だと感じます。

ケンティフォリア・ローズはセンティフォリア・ローズとも表記され、「非常に多くの花弁(または葉)」を意味します。

純粋な原種バラではなく、ロサ・ダマスケナ・ビフェラとアルバ・ローズの交雑ではないかと推測され、16世紀頃からオランダで改良され18世紀初めに完成されたといわれています。

出典:姫野ばら園 八ヶ岳農場

そしてラストノートでは、控えめに、バラの香りを支えるかのように、針葉樹とホワイトムスクが静かに香ります。

強い香料にありがちな、重い印象にはなりません。

あくまで、バラの香りを立てるような調香のため、樹木や動物性の香りがニガテな方でも、さほど気にならないのでは。

ぜひトライしていただきたいです。

バラ香水=くどくない?

バラの香水といえば、マダムのような雰囲気を想像している方は、少なくないのでは?

古き良き時代の名作と言われる香水には、バラをモチーフにした香りが数多く存在してきました。

名作をまといこなすことは、大人の女性としての証の一つ。

私もそう考えてはいますが、往年の名香=クラシックな香りが、オフィスには向かないことも。

ディプティックのオーローズは、そういった、いわゆる古めかしいバラ香水の概念から解き放たれ、いまどきのバラ香水に仕上がっています。

香りには透明感があるのがポイント。

多めにまとってしまった場合でも、むっとするような濃厚さは、出てこないように感じました。

香害になる心配も少ないと思います。

初対面の相手には、清楚な印象を与えてくれそうです。

下半身を中心に控えめにまとえば、オフィスでもスマートに楽しめるバラ香水と言えそうです。

元来、オーローズは、肌なじみの良い、やわらかい香りです。

まとう人自身の肌にあわせて穏やかに変化するので、とっても使いやすい香水だと思いますよ。

1本持っていれば、いろいろなシチュエーションで活躍してくれそうです。

夜、予定がある時に重ね付けするなら?

オーローズは、デイタイム(日中)にオススメの香り。

夜ももちろん素敵ですが、香りを邪魔しない個性を活かして、レイヤリングを楽しんでみては?

ディプティック ドソン

同じディプティックの中で重ね付けを楽しむなら、ドソンがオススメ。

女性にオススメのチュベローズの香りが、仕事帰りの予定に華を添えてくれそうです。

「ドソン」の香りは、こちらのページで詳しくご紹介しています。

ディプティックの中でも、特に女性に人気の香りがドソン。 チュべルーズのお花がメインテーマになっている女性らしい香りです。 甘くて...

アニック グタール トゥニュ ドゥ ソワレ オードパルファム

「夜、特別なお出かけをするシーンでエレガントな女性がまとう、最高のドレス」をイメージした、アニックグタールの新作です。

アイリスとグルマン、シプレーを併せたという、まさにナイトライフにぴったりの香り。

フワフワのファーがついたボトルもいまどきっぽく、インテリアとしても映えそう。

トムフォード ブラックオーキッドオーデパルファム

日中のオフィスではまとえないような香りは、プライベートの時間だからこそ思い切り楽しめるもの。

夜の街で、とびきり大胆になれそうな香り。

ディオールのプアゾンが好きな方にオススメ(香りは強めです

オーローズのラインナップ

オードトワレ

オーローズの液体の香水は、オードトワレのみの作り。

オードパルファムはありません。

その代わり、ハンドローションなどのボディケアアイテムが充実しています。

淡めの香りなので、オードトワレらしくふわりと軽やかに使いこなすと、香りで抜け感を演出できると思います。

ロールオン オードトワレ

オーローズには、持ち運びや付け直しに便利な、ロールオンタイプが作られています。

ロールオンタイプは、スプレータイプとは異なり、香りが周りに飛び散らないところがポイント。

皮膚に直接、塗るようにして香りをまとうことができるので、手の甲や手首にそっとつけることで、香りをデスクワークのお供にもできてしまいます。

少しずつ香りを楽しみたい、控えめな使い方にもピッタリです。

もちろん、通常のスプレータイプのオードトワレと併用して、重ね付け専用にも便利です。

ハンドローション

手指に馴染みやすい、ハンドローション。

マカデミアオイルとアロエベラが配合されているので、バラの香りだけでなく、肌にうるおいを与えてくれます。

女性へのプレゼントにも良いですね!

ミルキーボディーヴェール

こちらはボディーローション。

オードトワレをまとう前のお肌のお手入れや、お風呂上がりの保湿ケアに併せて使えば、統一感のある「香りのレイヤリング」を楽しむことができます。

また、オードトワレと同じ香りのボディーケアアイテムを使うことで、香りの持ちも良くなります。