アクアノートって?

夏を迎える準備は?

夏を迎える頃でしょうか、街を歩くと、決まって、人びとのフレグランスが夏向きになったことに気が付きます。

衣類やメイクのように、シーズンに合わせて、フレグランスも着替える人が増えているんですね。

香りから季節を感じるのも素敵です。

今回は、夏を前に知っておきたくなる香調、アクアノート、アクア系と呼ばれるジャンルをご紹介します。

スポンサードリンク

アクアノート、アクア系って?

アクア系という明確なジャンルは、もともとあったわけではありません。

80年代後半以降、合成香料が進化したことで、香水の世界は大きく躍進しました。

新たに生まれた新素材(ニューケミカル)を使うことで、自然界に香りが存在しないものさえも、香りで表現することが可能となったのです。

水、つまりアクアノートと呼びならわされているものも、水そのものの香りではありませんよね。

水は、自然の中では、それそのものに香りがないものの一つです。

本来の水は無臭にも関わらず、水のような透明感、清流のような清涼感、といった具合に、水がもたらす想像上のイメージを乗せた、いくつもの作品が生まれ愛されています。

こうした水のイメージ、水を表現した作品の総称として、アクアノート、あるいはアクア系と呼ばれているのです。

90年代にマリンノートとともに爆発的な流行を経たアクアノートは、2000年代を越えてもフレグランス界に残り、2017年現在では、ひとつの系統として定着していますよね。

アクアノートの香りはどんな香り?

アクア系の香りは、合成香料を効果的に使って表現されたものがほとんどです。

フレグランスそのものは、単独の香料のみでリリースされることはめったにありません。

調香によって、天然香料を含む他の香料とブレンドされているため、香りの境目があいまいで、ちょっと何の香りなのかはよくわからないことも。

これがアクア系かな?と嗅ぎ分けるとしたら、暑い夏に冷たい水をゴクゴクと飲んだ時のようなほんのりとした甘さを感じ、濁りのない透明感のある香りです。

スイカやメロンのような香りに似ていることから、瓜系と表現されることも。

時々、キュウリ系という人もいます(笑)

また、より水のイメージを引き立てるために、シトラスやグリーン系の香調とミックスした作品が人気を集めています。

アクアノートの作品は、完全に合成香料のみでできている、というわけではないのです。

そもそも、フレグランス製品は合成香料なくしては存在し得ないものです。

天然香料が多く含まれているといった謳い文句だけで判断せず、自分に合った香りを見つけたいですね。

アクアノートの作品でよく用いられる合成香料としては、特に、カロン(キャローンとも)という素材を用いたものが多くなっています。

カロンを用いているのは、以前ご紹介したマリンノートも同様です。

マリンノートとは? マリンノートとは、海や潮風をイメージした香調のことです。 80年代後半以降に登場した新しい合成香料を用いて作...

マリンノートとアクアノートの違い

マリンノートも、水という意味では広義のアクア系と言えます。

この香料が入っているから、こっちはアクア系としなければならない!という厳然としたルールがあるわけではないので、評者やその解釈によって、分類の仕方は少しずつ異なっています。

一部のマリンノート系作品の中には、明確に「海水」(シーウォーター)を意図して調香する場合もあります。

塩気を感じさせることで、海の水っぽさを表現するのですね。

シーウォーターを用いた作品として、セルジュ・ルタンス ローフォアッド(L’Eau Froide)が挙げられます。

ここ数年のトレンドとなっている、クリアで風が通り抜けるような香り。 つけ心地の軽さと濁りのない香りが各国で支持されており、各ブランドの...

マリンノートとアクアノートの定義

このブログの中では、水の表現がシーウォーターの香り(海水)なのか、モチーフの主体が「海」なのか、で区別しています。

水全般がテーマとなっているものをアクアノートとして、はっきりと海がテーマとなっているものをマリンノートとして紹介しているというわけです。

どちらも夏らしく、魅力的な香調です。このブログが、香り選びに迷った時の参考になればいいな、と思います。

アクアノート、アクア系は進化している

90年代に大ヒットしたアクアノート。

マリン系の代表作品、ウルトラマリンのように、ちょっと嗅いだだけでマリン系、アクア系とわかってしまうような作品づくりの時代は終わり、2010年代には新潮流へと移り変わっています。

最近は、スキンフレグランスとも呼ばれる新ジャンルの支持が高まっているのです。

これは、香りをまとっているようでいて、あからさまに香らせるわけでもない、静かな香り方を楽しむ新ジャンル。

特定のノート、香調を示すのではなく、常に身につけていられる心地良いインナーウェアのようなフレグランス作品全般を指しています。

自己主張のための香りではなく、自分や、自分のごく近くにいる人が快適に過ごすための香らせ方として、フレグランスラバーの間では、ちょっとしたブームになっているのです。(あるいは、ブームの予兆、といった初動段階かも・・・)

この中のひとつの潮流として、進化系のアクアノートがいくつか見られるようになっており、私はひそかに注目しているのです。

アクアノート、アクア系のオススメフレグランス

ダビドフ クールウォーターウーマン Cool Water Davidoff for women

メンズ版のクールウォーターの大ヒットを経て、満を持して登場した女性版クールウォーター。

メロンや睡蓮をメインに、レモンやパイナップル、マルメロといったフルーティーな要素も入った透明感に溢れた作品です。

夏の暑さに負けない、強くしなやかな女性像をイメージさせてくれます。