フローラルの香調とは?

よく耳にする、フローラルというジャンル。

香水なんて、ほとんどがお花の香りと流している方も、多いのではないでしょうか。

今回は、そんなフローラルの香調について掘り下げていきます。

スポンサードリンク

フローラルの香調って?

フローラルは、その名の通り、お花の香りの香調です。

中でも、特にポピュラーなバラの花や、ジャスミン、スミレやユリなど、日本でも身近な花の香りからなる香水が、世界中にたくさんあります。

その香りの元となる、花。

花とひとくくりにしても、世界中で花が咲く植物は20万種類にも及ぶと言われています。

20万種類をフローラルというひとくくりでまとめてしまうのは、なんとも荒っぽいやり方ですよね。

一般に植物は、ほとんどが花のちがいで種類を決めています。したがって、花の種類というのは、花のさく植物の種類と同じ数になります。
花のさく植物は、世界中で約20万種ありますから、花の種類も約20万種と考えていいでしょう。
出典:学研サイエンスキッズ

花の中には、香りがない花もありますが、単に「花の香り」と聞いて、一緒くたにはできないことがお分かりいただけると思います。

そんな香りがある花々の中から、調香師は香りを選び、ほかの香料と併せる調香を行い、作品となる香りを作っていきます。

シングルフローラル

調香師が意図的に、特定のお花の香りを引き立てるように調香した場合は「シングルフローラル」と呼びます。

そのお花の香りを純粋に楽しめる、可憐でシンプルな香調です。

クリスチャン・ディオールの「Diorissimo(ディオリッシモ)」は、ミュゲ(スズラン)を表現した、名高い香水です。