シトラスの香調って?

スポンサードリンク

シトラスの香調とは?

日本人にとって、最も身近な香調が「シトラス」かもしれません。

冬の定番「みかん」や「ゆず」、「はっさく」や「あまなつ」など、食べて美味しいオレンジの仲間たち。

揚げ物からチューハイまで、あらゆる食事・お酒のお供として欠かせない「レモン」も、トップノートに使われることが多い素材です。

柑橘類の香りは、香水の世界では「シトラス系」という一角を成しており、私たちの食卓以外でも欠かせない存在です。

また、アロマテラピーの世界でも、柑橘類の精油は多くの種類が使われています。

香水に使われる場合でも、アロマテラピーの場合でも、シトラスの仲間は、爽快感やリフレッシュ効果が目的で採用されることが多いようです。

deckchairs-355596_1920

香りの特徴から、夏季に限定発売される「サマーフレグランス」では、多くの製品でシトラス系の素材が採用されています。

爽やかさや軽快感だけでなく、ほかの調香と組み合わせることで、香りに変化を付けることができるので、決してライト感覚なだけの香りではありません。

シトラス系の代表フレグランス

  • ディオール「EAU SAUVAGE(オーソバージュ)」※メンズ
  • カルバンクライン「ck-one(シーケーワン)」
  • ロクシタン「Citrus Verbena Summer Frangrance(シトラス ヴァーベナ サマー フレグランス)」
  • ジャンポールゴルチェ 「Le Classique Summer(ルクラシックサマー)」

oranges-602271_1920