【廃盤】セルジュ・ルタンス ローフォアッド オードパルファム L’Eau Froide

セルジュ・ルタンス

ここ数年のトレンドとなっている、クリアで風が通り抜けるような香り

つけ心地の軽さと濁りのない香りが各国で支持されており、各ブランドの売れ筋ラインナップにもさりげなく加わっているようです。

今回は、セルジュ・ルタンスのローシリーズから、ロー フォアッドをご紹介します。

スポンサーリンク

ローフォアッドの香りは?

ローフォアッドの香りの構成
オリバナム(フランキンセンス、乳香)、シーウォーター、ムスク、ベチバー、ミント、インセンス、ペッパー、ジンジャー
オリバナムとは
別名フランキンセンス、乳香、ルバーンとも呼ばれます。
乳香の樹脂から作られ、いにしえの時代から宗教行事などに用いられてきた貴重な香料の一つです。
アロマテラピーでも精油が活用されます。

何と言っても、ローフォアッドの特徴は、アロマティックなオリバナムの香りです。

アロマテラピーで用いる精油、フランキンセンスの香りが好きなら、ローフォアッドは身体にまとえるフランキンセンスと言っても過言ではないくらい。

ローフォアッドから感じるオリバナムは、ざわざわした心を落ち着かせリラックスできるウッディー系の香りです。

フランキンセンスは、神秘的で癒やされる香りでもありますが、好き嫌いが出やすい香料でもあると思います。

実は私自身、体調や精神状態によって、心地いいと感じたり、逆に全く受け付けないこともあったりします。

内面へ向かう、祈りそのもののような、不思議な香りです。

トップノートでは、ミントやしょうが(ジンジャー)、ペッパーと言ったキレのある香料が前に出てくるので、涼やかでフレッシュな印象を強く感じます。

暑い時期、特に朝から蒸し暑さを感じる時などは、吹き付けた瞬間からスッキリした気分になれそうです。

香りのピラミッド構造は明かされていませんが、香料が肌の上であたたまるにつれ、マリン系の特徴でもあるシーウォーター(潮の香り)の香りがふわりと広がります。

清涼感たっぷり、夏にまとうにはピッタリですね。

ラストは、ムスクとベチバー、オリバナムが混ざり合う優しい香りに加え、お香を焚いた時の煙のようなスモーキー香がかすかに残ります。

トップノートの氷のような冷たい印象が、肌のぬくもりで少しずつ融けるように馴染んでゆく過程を楽しめます。

肌の匂いや体温の高低によって、なじみ方の違いが出ると思います。

あなたのローフォアッドは、氷のような清涼感、または、氷が融けてゆく過程、それとも、静謐とした祈りの時間?

ローセルジュ・ルタンスとの違いは?

同じくローシリーズの1作目である、ローセルジュルタンスとの比較の上で、ローフォアッドを選ぶ例が多いようです。

ローセルジュ・ルタンスと、ローフォアッドの違いをいくつか挙げてみます。

ローセルジュ・ルタンスと、ローフォアッド 【水の表現】の違い

ローセルジュ・ルタンスは、水のような透明感の中に、マグノリアやシトラスを含んでおり、光が降り注ぐ、その下の明るい水の中をイメージ。

ローフォアッドは、静謐な祈りの時間のよう。ジンジャーやミントが氷が浮かぶ冷たい海の水を思わせる、クリーンで清涼感のあるイメージ。

ローセルジュ・ルタンスと、ローフォアッドを比べた場合・・・

ローフォアッドは、ローセルジュ・ルタンスと比べるとクセのある作りです。

ローセルジュ・ルタンスは万人に好かれる、上質な柔軟剤のような心地よさがあるものの、ルタンスらしくはない作品かもしれませんね。

ローセルジュ・ルタンスでは物足りない、けれど、シンプルで透明感のある香りを探しているなら、ローフォアッドはオススメです。

どちらも美しい、ここ数年のトレンドに合致したアクア系フレグランスですが、ローフォアッドの方が個性的で、メゾンフレグランスらしさを放っていると感じます。

ローセルジュ・ルタンスが気になる方は、こちらの記事をどうぞ。

【廃盤】セルジュ・ルタンス ローセルジュルタンス L’Eau Serge Lutens
梅雨はどこへ? 2017年は、関東甲信越で6月7日に梅雨入りしたものの、今のところは雨が少ない日々が続いています。 まるで初夏を思わせる、気持ちのいい晴れの日は気分が良いものですけれど。 (実は、私の香りの衣替えがまだ追い...

ローフォアッドを選ぶなら、こんな時!

ローフォアッドは、実際にはスースーすることはないものの、ミントの清涼感がスッキリと立つタイプ。

蒸し暑い日や、真夏、集中したい時に手を伸ばしたくなります。

とはいえ、デオドラント製品のように、清涼感が持続するわけではありません。

やがてスパイス類は穏やかに落ち着き、アロマティックで静かなドライダウンへ。

男性っぽいイメージを持つ方も少なくないようですね。

私の印象では、男性的というよりも中性的で、敢えてフェミニンな印象にしたくない時にまといたくなります。

女性らしくない香り=男性的、ではないと思うのです。

お花の香りが入っておらず、華やかさはありませんが、その分、透明感と深みを併せ持った作品です。

透明度が高く、どこまでも深い水の底を覗いているような・・・

ローフォアッドのラインナップ

ローフォアッドは、オードパルファムのみの香りとなっています。

セルジュ・ルタンスらしく、キリッとしていながらも香りはきつくなく、肌なじみの良い作品。

さわやかさを求める、様々なデイリーシーンで活躍するオードパルファムだと思います。

ローフォアッド オードパルファム

ローフォアッドはすでに廃盤となってしまった作品です。

ごくわずかの在庫や、小分けにされたごく少量のものが流通するのみとなっています。気になる方はお早めに。

タイトルとURLをコピーしました