グルマンの香調って?

グルマンと聞いて、グルメな方はおやっと思うかも。

そう、グルマン(gourmand)は、フランス語で「食いしん坊」を意味するから。

香りの世界にも、食いしん坊を虜にしてしまう香りが存在していますよ。

スポンサードリンク

グルマンの香調とは?

食いしん坊の香り、いったいそれはどんなものでしょうか。

食べ物全般の香り、というより、香水の世界におけるグルマンは、お菓子・スイーツにヒントを得た、お砂糖やクリーム、スパイスを使った甘い食べ物の香りを指しています。

余談ですが、グルマンにはお肉料理の香りや、揚げたてのフライドポテトの香りは含まれていません。

そもそも、そんな香水はメジャーではありませんが・・・

さて、以前、このブログでオリエンタルの香調をご紹介した時、少しだけグルマンに触れたことがありました。

オリエンタルの香調とは? 「オリエンタル」と聞いて、あなたは、どのあたりの地域をイメージしますか? 直訳すると、「東洋的な」とい...

オリエンタルノートは、スパイスや木の香りが主役であり、どちらかというとクールな印象です。

グルマンノートは、スイーツのような甘さが際立ち、ケーキ屋さんの中にいるような、幸せな気分になれそうです。

pastries-768715_1920

グルマン系がぴったりハマる季節は?

私にとっては、寒さを感じる頃になると、恋しくなるのがグルマンの香りたちです。

バニラやキャラメル、プラリネといった濃厚な甘さは、寒く乾燥した季節によく合います。

ちなみに、グルマン系の香りは、ロシアではとても人気があるそうです。(談:知人の香水ショップスタッフの方)

little-girl-628144_1920

一方、日本の夏は、気温だけでなく湿度も高いため、グルマン系の香りは重く感じられることも。

夏場は肌の露出も増え、日本の一般的な趣向では、夏季はどちらかというと爽やかな香りが好まれます。

お部屋で楽しむのならともかく、夏の職場や公共の場では控えたほうが良いでしょう。

どうしても夏に使いたいという場合は、足首の外側だけに付けると、脈の位置を外れるため、香りが周りに広がりにくいですよ。

グルマン系のまとい方のコツは?

とろけそうに甘い、一瞬でハッピーになれるグルマンノートの香水たち。

使う上でのポイントは、ふわりと軽やかにまとうことです。

ヴァニラなど、もともとの香料が強く香るものが主となる場合、自分が想定した以上に強く香ってしまうことも。

また、甘い香りがTPOにふさわしくない場合もあります。

特に冬場は、長袖の服を着た後で、袖から出ている手首にだけパッとつけちゃう!な〜んて、やりがち。

手首は、腕を動かすことで周りに拡散しやすい部位です。

通勤に電車やバスを使う場合、特におすすめできない部位と言えるでしょう。

重ね着をして、肌と衣類が作る空気の層の中で、まろやかに甘く香らせて楽しむのも、冬だからこそ。

お腹や背中に、30センチほど離してワンプッシュ。タイツを履くなら、太ももの内側も◎

他人から見えず、衣類に覆われる部分にワンプッシュだけ吹付ければ、強い香りが拡散されすぎるのを防ぐことができます。

グルマン系の代表フレグランスを知りたい!

グルマン系の代表フレグランス (1)ティエリー・ミュグレー エンジェル

グルマンノートのパイオニア、エンジェル。

意外にも、香りはオリエンタルノート寄りで、甘さは控えめ。

子どもっぽくならないところが、この香水が長く愛され続けているポイントかもしれません。

セクシーな側面もあり、大人の女性が使っても◎。