マリンノートって?

スポンサードリンク

マリンノートとは?

マリンノートとは、海や潮風をイメージした香調のことです。

80年代後半以降に登場した新しい合成香料を用いて作られています。

合成香料って良くないんじゃない?

合成香料=良くないもの、と捉えられがちですが、そもそも現代の香水文化は合成香料なしには成立しません

天然資源には限りがあり、特に動物の代謝物や器官から得られる希少な香料の乱獲を防ぐためにも、合成香料の存在は欠かすことはできません。

また、合成香料の採用にはコストを抑えるメリットもあるのです。

新しい香料素材の登場により、調香表現の幅が広まったのは事実です。

調香師のイマジネーションを香りに置き換えることができるようになったため、より複雑でユニークな作品が生まれやすくなりました。

海で過ごした思い出や夏のバカンスの記憶、ひと夏のロマンスへの誘いなど、カタチのない「海」のイメージをも、香りに宿すことができるようになったのです。

マリンノートはどんな香り?

マリンノートは潮の香り?

海岸の香りを心地よいと感じる人もいれば、潮臭さをきらう人もいるでしょう。

マリンノートに主に用いられる合成香料は「カロン」といい、ワカメに代表されるような、海の中に生える藻が放つ天然の化学物質に構造が似ていることがわかっています。

こうした海藻の香り、潮風の香り、流氷や凍った海のイメージ、海を眺める高台にある植物と海の香りが混ざりあった香りなど、マリンノートの表現は海そのものにとどまりません。

実際のマリンノートに属する香りは、「海をイメージ」した香りであり、海の水そのものの香りではないこともしばしば。

調香師が表現した世界をあれこれと想像する楽しみ方ができるのも、マリンノートの醍醐味だと思います。

マリンノートはスイカの香り?

時々、スイカやメロンの香り、いわゆる「瓜系」がマリンノートとして紹介されることもしばしば。

水分を多く含んだ果肉が放つ甘いフルーティーな香りと、皮の青っぽい香りが混じり合ったような、みずみずしさが特徴です。

フルーティーな甘さとみずみずしさがマリンノートのフレグランスにも共通するため、「瓜系」と呼ばれるのでしょうね。

マリンノートの親戚には「アクア系(アクアノート)」、「オゾン系(オゾンノート)」も。

夏を迎える準備は? 夏を迎える頃でしょうか、街を歩くと、決まって、人びとのフレグランスが夏向きになったことに気が付きます。 衣類...

マリンノートは男性向け?

海は、さわやかさやアクティブなイメージで、男性向け香水のイメージがあるかもしれません。

心配はいりませんよ。

マリンノートの香水は、マッチョな男らしさのイメージには当てはまりません。

どちらかというとさわやかで、男性性、女性性を強く訴えかけるのではなく、男女兼用で使える軽やかな香りが多くなっています。

マリンレジャーのみならず、夏のアウトドアでまとうには、軽やかで使い勝手が良いのもポイントです。

香りの透明感から、静かな香り、と表現する場合もあります。

クラブや音楽フェスに出かけて大はしゃぎ・・・というより、静かな時間を楽しみたい時にまといたい作品が多いためでしょう。

香りの軽さが特徴なので、高温多湿の夏季にもぴったりと言えそうです。

マリンノートはどんな場面に似合う?

マリンノートの香水は、初デートや、出会いの場である合コンにつけてゆくタイプの香りではないと思います。

中性的な雰囲気に似合う香りなので、知的な印象を高めたい時に向いています。

爽やかで透明感があるため、オフィスで日中まとう場合も使いやすい香調です。

男女兼用で使える作品が多く、カップルがいっしょに使えるのもマリン系香水のメリットです。

香りのチカラを借りて、静かな雰囲気に癒やされたい時にもオススメです。

マリンノートの代表的フレグランス

マリン系のフレグランスをご紹介します。

90年代以降の新しいフレグランスが多いため、従来の香水イメージにとらわれないトレンド感もたっぷりです。

ユニセックスの香水が多いのもマリン系ならではです。

ジバンシィ ウルトラマリン