香水店で香りを選ぶ時に、知っておくと役立つポイント

今回は、お店で香りをお試しする時のポイントについて、書いていきます。

あなたが香水を嗅いでみる最初のお試しは、お店のテスターでお試しすることが多いでしょう。

あるいは、お友達や家族が持っているものかもしれませんね。

スポンサードリンク

■お店に行く前のポイント

woman-786182_1920

  • 雑誌で読んで、気になる香水がある。
  • テレビで、芸能人が使っているという香水がある。
  • 合コンに成功しやすい香水がある。

あなたにも、きっとその香水に興味を抱くいろいろな「きっかけ」がありますよね。

まず最初に、気になる香水とあなたをつないだ「きっかけ」を、忘れないでいることがポイントです。

たったこれだけ?

と思うかもしれませんが、その程度で良いのです。

■お店でのポイント

香水のお店は、どことなく敷居が高いイメージが有りますよね。

香水は、洋服やアクセサリーのように、外観を見ただけでは、香りそのものの感じがわからないもの。

ボトルのデザインで香りを表現している場合もありますが、実際に纏ってみた時の感じ方(=嗅覚)と、ボトルのデザイン(=視覚)は、感覚が異なります。

店員さんから声を掛けてくれるお店もありますが、そうでない場合は、遠慮無くこちらから話しかけてみましょう。

■店員さんに伝えるポイント

あらかじめ、気になる香水とあなたをつないだ「きっかけ」を覚えてきたと思います。

そのことを、素直に店員さんにお伝えしてみてください。

香水の専門用語を使う必要は、ありません。

あなたの言葉で、伝えてみてください。

店員さんは、香水のプロです。

(中には、そうでない方もいますが)

お客であるあなた自身が、香水のプロである必要はないのです。

むしろ、あなた自身のことを店員さんに伝えることで、彼・彼女たちは、あなたの香水選びを手伝いやすくなるのです。

あなたがその香水とつながるきっかけになったエピソード。

これが、初対面の店員さんとの香水選びでは、大きなヒントになるのです。

あなたがその香水のことを、店員さんよりもよく知っている必要はありませんよ。

■テスターを試してみる

woman-984095_1920

会話が進んだ場合、大抵は、ムエット(試香紙)で香りを嗅がせてもらえます。

ムエットがボトルの前に置かれてあり、自由に嗅ぐことができる店舗も多いです。

しかし、敢えてあなた自身の肌で試してみることが大切です。

紙のムエットの上と、あなたの肌の上では、香りの出方が異なる場合があるからです。

長袖の衣類を着ている場合は、手首から肘の間あたりまでの袖をまくり、腕の裏側にテスターを吹き付けるといいでしょう。

衣類に香りが付いてしまうのが嫌な時は、遠慮無く店員さんに伝えましょう。

腕を出し、そこから30センチほど離した距離から、ワンプッシュだけを吹き付けてくれるはずです。

■テスターを吹き付けたら

adult-19033_1920

最初の数秒ほどは、アルコールのツンとするにおいが気になるかもしれません。

これが、いわゆるトップノート、ではありません。

香水は、その成分のほとんどがアルコール。

肌の上でアルコールが乾いたら、やっと鼻を近づけてみてください。

ここから、あなたの肌の上で、少しずつ香りが馴染んでいきます。

香りのストーリーの幕開けです。

■香りの変化をみる

香水の多くは、ストーリー性をもっています。

時間とともに、香りがゆっくりと変化していくものが多いのです。

変化しないタイプの香水でも、徐々にやわらかく、まろやかな香りになっていくのです。

もし、より早くなじませたい場合は、1往復程度、肌の上を優しくこすってみてください。

ただし、お店にそう長い間はいられないもの。

時間とともに香りが変化していくタイプの香水の場合、最後まで香りが開ききるのに、数時間ほどかかってしまいます。

決断をするのは、この香りのストーリーを体験してからでも、遅くはありません。

その場ですぐに決断する必要は、ありません。

girl-803178_1920

■お店を立ち去る時のひと言

店員さんと会話をし、テスターをいくつか試した後でも、大丈夫です。

興味を示したからと言って、買わなければならないわけではないのですから。

香水のプロである店員さんほど、このことをよく知っています。

香りにはストーリー性があること。

ムエットの上と、肌の上では、香りの出方が人によって違うこと。

だからこそ、

「香りの変化を見たいので、また後で来ますね」

ただ、このひと言だけ伝えれば良いのです。

このひと言で、あなたが香水と向き合おうとしている意志が伝わります。

「気に入った!買いたい」と思っている場合でも、残念ながらそうではなかった場合でも、即決はしないことをオススメします