男性に香水をプレゼントする時のコツって?

スポンサードリンク

彼や旦那さんへのプレゼントに、いつも何を選んでる?

定番アイテムのネクタイやマフラー、革小物をプレゼントしたことがある人は多いのでは。

香水のプレゼントは、いかがでしょうか。

香りは目に見えないもの。

だからこそ、その人の個性が引き立つのです。

今回は、男性に香水をプレゼントするコツをお伝えします。

香水のプレゼントは難しい?

せっかくの気持ちをこめたプレゼント。

香水をプレゼントしても、使ってもらえない・・・

男だから、香水は付けないって言うし・・・

そんな声が聞こえて来そうですね。

gift-548293_1920

国民性だから仕方がない?

元来、日本人には、香水を纏う習慣がありません。

日本にも、お香などの香道文化は古くから存在していましたが、西洋のように、肌に直接香りを付けるやり方ではなかったようです。

空間に広がった香りを楽しんだり、着物などに香りを焚き染め、間接的に纏うといった楽しみ方が主でした。

そうは言っても、西洋流の香水が日本に入ってきたのは、意外と昔のことなんですよ。

江戸の末期から明治の初期には、“舶来の”香水として西洋香水が日本にも入ってきていたようです。

日本でも、意外と古くから香水が存在していたのですね。

balloons-388973_1920

知らないとは言えない・・・?

男性が香水を付けないワケには、色々な事情があることでしょう。

女性と違い、男性は「知らない」とは言いにくいもの。

たとえ自分が知らないことがあっても、知っているフリをしたり、それを避けるといった行動を取るそうです。

あるいは、プライドが許さないといった男性も、少なからず存在していそうです。

そんな彼には、香水上手なあなたが使い方を教えてあげれば良いのではないでしょうか?

二人で香りを楽しめるようになったら、共通の話題も増えますよね。

man-479670_1920

普段から香水を付けている男性へ

すでに「自分の香り」がある彼。

あなたとも、香水の話題で会話が弾んでいるのでは?

一方で、好きな香り、自分に合った香りをすでに見つけている男性は、違う香りを受け入れにくいことも。

いきなりメインの香りを変えようとするのではなく、「こういう香りも似合うよ」と、さりげなくプレゼントしてみましょう。

香水を変えるよう迫るのではなく、あくまでサブで使う香りとして勧めてみると、彼の抵抗感も少ないはず。

気分転換や、オフの時など、香りに合わせたシチュエーションも伝えてみるといいかもしれません。

香水を使い慣れない男性へ

そもそも香水の付け方がわからないなど、香水を使い慣れていない男性には、香り上手なあなたから、香水の纏い方をレクチャーしてあげましょう。

女性向けの纏い方と同様、下半身を中心に付けるようにすれば、香害になりにくくスマートです。

この時、スーツなど衣類に直接スプレーしないよう、アドバイスしてあげてくださいね。

会食やフォーマルなイベントがある時や、彼が医療や飲食関係の仕事をしているなど、そもそも香水がNGな場合は、無理に勧めないようにしましょう。

そんな場合は、あなたと二人でいるプライベートタイムに楽しんで。

香りが二人の距離をぐっと縮めてくれるかも?

プレゼントに、もう一言添えて

プレゼントするタイミングに、彼に使い方を教えてあげましょう。

彼のために選んだ香りであることや、その香りを付けるタイミングを、あなたの言葉で伝えると、好印象だと思いますよ。

単に流行りの香りであったり、芸能人やスポーツ選手が付けているといった理由よりも、彼のために選んだ、というあなたの気持ちを伝えることを忘れずに。

whisper-408482_1280

たとえば・・・

■自分のための香りだと伝える

    「あなたをイメージして選んだの」

    「いつもの香りも素敵だけど、こんな香りも似合いそうだよ」

■纏うシチュエーションを提案する

    「気分転換したい時に、付けてみてね」

    「仕事が終わったら、1プッシュしてみて」

    「気軽に、お休みの日に使ってみて」

いかがでしたか?

次の記念日には、彼のタイプに併せた香水を選んでみてはいかがでしょうか。