男性に香りをプレゼントする時の“プラスアルファ”

「男性にプレゼント」でも、いくつかのテクニックをお伝えしましたが、ぜひ、プレゼントの際に実践してほしいことがあります。

どんな香りをプレゼントしたらいいか、については、以前このブログでもご紹介しています。

よかったら、過去記事の「男性に香水をプレゼントする時のコツって?」を参考にしてみてくださいね。

彼や旦那さんへのプレゼントに、いつも何を選んでる? 定番アイテムのネクタイやマフラー、革小物をプレゼントしたことがある人は多いのでは。...

スポンサードリンク

あなたが香水に求めているのは?

まず、はじめに。

あなたが女性だったとして・・・

女性のあなたが香水に求めているのは、いったいどんなことでしょうか?

  • 香りで癒やされたい?
  • 憧れのブランドの香りをまとって、自分のレベルを上げてみたい?
  • 好きな香りをまとうことで、自分に自信を付けたい?
  • 一節には、女性は本能で好きな香りを選ぶ、と言われています。

    素直に、脳が良い!と感じる香りを選ぶのですね。

    もともと、嗅覚が原始的な感覚であることや、女性の象徴=子宮そのものも、原始的な臓器であることにも、関係がありそうです。

    一方の男性は、実は、そうでもないらしいのです。

    では、男性は一体、香水に何を求めているのでしょうか?

    hats-557581_1920

    男性が香水に求めているのは?

    男性と接していて疑問に感じたことはない?

    男性が、女性よりも理性的で、時には理屈っぽい・・・

    なんてことは、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

    実際に、あなた自身が男性と接していて、実感したことがあるかもしれませんね。

  • どうしてそう思うの? と質問攻めにすることや、
  • (あなたの話の内容について)それで、結局は何を言いたいの? と問い詰めてくる!
  • といった具合にです。

    女性にしてみれば、単に、たったいま感じたことや、体験した出来事を相手の男性に伝えたかっただけだったのに、理詰めで迫られてしまい、唖然としてしまった・・・なんて、男女の感覚のズレを実感したことがあるかもしれません。

    香水に求めるもの、男女の違い

    これは、実際に、香水専門店でプロフェッショナルの方から伺ったお話しです。

    男性は、香水に対しても理性を求めているのだとか。

    ズバリ、その香りが作られた背景や、ストーリーです。

    実際、フレグランスメゾンと呼ばれる、香水専門メーカーでは、一つの商品を生み出す際は、香り以外のものも開発します。

    例えば、そのコンセプトやイメージビジュアル、広告など、さまざまな付随物がその香りの一部となって作られていきます。

    単に、良い香りとその名前、せいぜい、メインで使われている原料の紹介だけでも良いのではないか?と考えがちですが・・・

    これは、実は女性目線。

    世の中の半数は男性ですから、香水メーカーにとっては、彼らのお眼鏡に適う戦略が必要なのです。

    悩んだらプロに頼ってみる!

    そんな理屈っぽい存在の男性に対して、香水をプレゼントするなんて、ちょっと私には無理かも・・・

    あるいは、面倒くさいなぁ、なんて思っていませんか?

    そんな時には、ぜひ、香水のお店に足を運んでみてください。

    百貨店の中にあるフレグランスショップには、大抵、スタッフが常時いるものです。

    ぜひ、プロフェッショナルのチカラに頼ってみましょう。

    ショップに立ち寄ったいちばん最初に伝えてみる

    ギフトで香水を購入する場合は、ラッピングをしてもらえるよう、お店の方にお伝えしていますよね。

    ご自分でラッピングする、という方もいらっしゃるかもしれません。

    もし、初めからプレゼントの香水を探しに行く場合は、お店の方にそう伝えてみましょう。

    ギフトの相手が男性であることも伝えれば、話は早くなります。

    その香水のストーリーや、創作イメージの舞台となった場所、香りの原料に関する情報など、ショップスタッフの方は勉強しています。

    あなたがゼロから調べなくとも、わかりやすく、会話の中で簡単に教えてくれますよ。

    ぜひ、お店を訪れた早い段階で、男性へのプレゼントを探している旨を伝えてみてください。

    自分の感覚に頼らないという方法

    男性への香水選びでもう一つ重要なポイントは、女性である自分の感覚に頼らない、ということです。

    あなたが良いと感じた香りを、相手の男性も良いとは感じないかもしれません。

    普段から、食べ物や音楽の好みなどが似通った二人であれば、香りの好みも親しいかもしれませんね。

    しかし、香りは極めてパーソナルなものなので、サプライズで渡そうとする時は、お相手の好みなど、入念なリサーチが必要になってきます。

    そんな時は、お相手の人となりや好きなファッション、趣味などを元に、ショップの方と一緒に香水選びをしてみるのはどうでしょうか。

    まだ、あなたがお相手の男性のことをよく知らない場合でも、プロの方と一緒に選ぶ方法は有効です。

    あなたが知っているちょっとした特徴をヒントにして、まるで名探偵のように、オススメ香水を見つけだしてくれるはずです。

    ぜひ、プロのチカラを頼ってみてください。

    大切な方のことを思い浮かべながら選ぶプレゼント探しは、それだけでもドキドキする時間となりそうです。

    bar-977935_1920

    プレゼントを渡す時に添えるひとこと

    さぁ、大切なプレゼントを選んだら、その香りに関するストーリーも一緒に伝えてみましょう。

    先にお伝えした通り、男性は、左脳で納得したがるもの。

    香りそのものの特徴はもちろん、その香水が生まれた背景や、原料の特徴、ボトルや広告のイメージなど、お相手にピッタリと感じたポイントはどんなところでしたか?

    ぜひ、あなたの言葉に置き換えて、お相手に伝えてみてくださいね。

    あなたが一生懸命に選んだ香水が、その男性にとっての大切な1本となるといいですね。