ディプティック フィロシコス PHILOSYKOS

スポンサードリンク

洗練されたグリーンの香り

前回ご紹介した、ラルチザンパフュームの「青いイチヂク」は、世界で初めてのイチヂクの香水でした。

世界で初めて、イチジクを香水の香りに 香水になったイチジクの香り 今日でこそ、身近になったイチジクの香水。 ほんの少し前ま...

同じく、ディプティックからもイチヂクの香水が登場しています。

それが、今回ご紹介する「フィロシコス」なのです。

fig-tree-1658686_1920

フィロシコスの香りの構成

フィロシコスの香りの構成は、まさにイチヂクづくしです。

イチジクの果実だけでなく、葉や樹木まで惜しみなく使った、イチヂクのさまざまな香りを取り入れた構成となっています。

トップノート:イチヂクの葉、イチジクの果実

ミドルノート:ココナッツ、グリーンノート

ラストノート:シダー、イチヂクの樹木

調香師:オリヴィア・ジャコベッティ(Olivia Giacobetti)

ちなみに、イチヂクはフランスでは絶大な人気を誇るフルーツなのだとか。

香りとして楽しむのだけでなく、食べる方でも大変な人気があるようで、フランス人にとってのイチヂクは、日本人にとってのみかんのようなフルーツと言えそうです。

ちなみにディプティック青山店のスタッフさん曰く、フィロシコスは本国での一番人気の作品とのこと。

ディプティックらしさの現れ

ディプティックは、もともとフレグランスキャンドルから始まったブランドです。

肌にのせる香水とは異なり、フレグランスキャンドルは空間を香らせるためのもの。

そのためか、私には、ディプティックのアイテムからは、香りとともに快適に過ごそうというスタンスを感じます。

ユニークな香りは追求しつつも、奇をてらうのではなく、まとっている時の快適さや、他にはない洗練といったキーワードが浮かんできます。

ここに、私はディプティックらしさが現れていると思うのです。

もちろん、それはキャンドルだけではなく、香水も同じくです。

couch-1835923_1920

調香師はオリヴィア・ジャコベッティ

「青いイチヂク」は、女性の調香師であるオリヴィア・ジャコベッティの手によるものでした。

彼女は、ラルチザンパフュームの社員ではなく、フリーランスの調香師。

ジャコベッティはディプティックからも請われ、イチヂクの香水を作ったというわけですね。

ちなみに、「青いイチヂク」の後で「フィロシコス」が生まれています。

    ラルチザンパフューム「青いイチヂク(プルミエ フィグエ)」オードトワレ・・・1994年

    ディプティック「フィロシコス」オードトワレ・・・1996年

私とフィロシコスとの出会い

もともとラルチザンの「青いイチヂク」が好きだった私。

ただ、時によっては、クリーミーさが強く出てしまうことがネックでした。

まとう日の湿度や気温にも影響はありますが、私の肌は、ミルキーな香りが全面に出ることが多いのです。

これは、肌質と同じく個性なので、その人によって異なってくるでしょう。

「青いイチヂク」オードトワレ版のような、イチヂクのグリーンさをもっと味わいたい・・・

そんなときに出会ったのが、ディプティックのフィロシコスだったのでした。

フィロシコスのグリーン

葉のグリーンな香りと、まるで木の枝そのものをポキっと折って実をもいだ時のような、樹液のような香り。

かいだ瞬間の爽やかさには、清涼感を感じました。

ミルキーさは奥に隠れていますが、主張せずに存在しています。

香りそのものが控えめで、ココナッツっぽさはほぼ感じません。

まるで、新鮮な生のイチヂクをかじった時のようにジューシーで、さわやかなのです。

フィロシコスであれば、オフィスでも広く受け入れられやすいのでは?

figs-1620590_1920

名前の由来

不思議な響きをもつ「フィロシコス」は、ギリシャ語で「イチヂクの友」という意味

夏にギリシャを訪れた、ディプティックのイヴ・クロエンが通りがかった、イチヂクの森をイメージしているのだそう。

ディプティックは、グリーンの香りが巧みなメゾンだとつくづく思います。

グリーンの香りと言っても、植物にはそれぞれ独特の香りがあります。

薔薇の葉の青さと、イチヂクの葉の青さは異なります。

それぞれの植物の、花の香りだけではなく、葉の青い香りを表現するところが、ディプティックのニクいところだと思います。

それぞれに香りが持つストーリーと相まっていますしね。

フィロシコスのラインナップ

フィロシコス オードトワレ

軽く淡い香りで、イチヂクの香りが初めての方にもおすすめです。

クリーミーさをきらう方や、フレッシュな葉の青い香りを求めている方には、ぜひコチラを。