ラルチザンパフューム プルミエ フィグエ(青いイチジク)PREMIER FIGUIER

スポンサードリンク

世界で初めて、イチジクを香水の香りに

香水になったイチジクの香り

今日でこそ、身近になったイチジクの香水。

ほんの少し前までは、香水には存在しない植物の香りだったのです。

fig-972271_1920

イチジクの香りを表現するためには、相当に高い技術が必要だったのだと、私はかつてラルチザンパフュームのスタッフさんより伺いました。

その微妙で、繊細な過程を経て世に生み出されたのは、1994年。

これを作り出したのは、女性調香師のオリヴィア・ジャコベッティでした。

プルミエ フィグエを生んだユニークな女性調香師

オリヴィア・ジャコベッティ。

フリーランスの調香師として、ゲランやラルチザンパフューム、ディプティックなどの香水を手がけています。

私の大好きな調香師でもあります。

香りを放つ植物を、そのまま摘み取って目の前に広げてくれたような、そんなフレッシュな香りを表現する、ナチュラルな香りづくりが得意だと思います。

香水作りにありきたりな植物だけではなく、プルミエフィギュエのように、「今までになかった植物の香りを作ってみよう」とチャレンジするところもチャーミングです。

イチジクのふるさと

一位↑うは、古くから人類が食用に重宝してきた植物です。

メソポタミア文明で知られる、現在のイラクの辺りでは、6,000年以上前から栽培されていたようです。

fig-tree-1333574_1920

現在でも、食用の感想イチジクのパッケージを確認すると、原産地がアラビアの辺りであることが多いですね。

イチジクは香りの元としてだけでなく、古代文明の時代から今日に至るまで、長く食べ続けられている植物です。

ちなみにフィグ(イチジクのフランス語名)の香りは、なぜかフランスでとても人気が高いのだそうですよ。

プルミエ フィグエの香りは?

プルミエ フィグエの香りは、オードトワレ版とオードパルファム版で、大きな違いはありません。

2つを付け比べると、賦香率の違いが実感できると思います。

オードトワレ版はグリーンで、フレッシュなイチジクを楽しめます。

オードパルファム版の方がミルキーで、アーモンドミルクとココナッツミルクがよりまろやかに強調されています。

プルミエ フィグエ(オードトワレ版)の香りの構成
トップノート:ガルバナム、ピーチ、イチジクの葉(フィグリーフ)
ミドルノート:イチジクの実、ドライフルーツ、アーモンドミルク
ベースノート:松葉、ココナッツミルク、サンダルウッド
調香師:オリヴィア・ジャコベッティ(Olivia Giacobetti)

香りの構成は、それほど大きくは変わっていませんね。

プルミエ フィグエ エクストリーム(オードパルファム版)の香りの構成
トップノート:イチジクの葉(フィグリーフ)、ピーチ、ハリエニシダ
ミドルノート:イチジクの実、サンダルウッド、アーモンドミルク
ベースノート:ココナッツミルク、サンダルウッド、松葉、イチジクの木
調香師:オリヴィア・ジャコベッティ(Olivia Giacobetti)

プルミエ フィグエのラインナップ

プルミエ フィグエ オードトワレ

プルミエ フィグエは、まず1994年にオードトワレが発売になりました。

イチジクの実だけではなく、葉の香りも入っていて、グリーンな香りを存分に楽しむことができます。

赤道直下の中東を訪れたら、雨上がりのイチジクの木陰からは、こんな香りがするのでしょうか?

自分がその場にいるような、そんなフレッシュな香りが特徴的です。

トップノートは、イチジクの葉がもたらす、むせかえるようなグリーン。

爽やかなのに、どこか懐かしいような感じがする・・・そんな、少しだけ陰のあるグリーンの香りです。

時間の経過と、付けた肌の体温の高まりとともに、ゆっくりとやわらかに、ココナッツミルクの香りが広がります。