ジミー チュウ ジミー チュウ オードパルファム JIMMY CHOO

エッジが効いたデザインが特徴的な靴やバッグで知られるラグジュアリーブランドジミーチュウ

現代版シンデレラの靴スタッズがついたアイテムが有名ですね。

セレブの愛用者も多く、コーディネートに1点取り入れるだけでも華やかな雰囲気です。

ジミーチュウは、2011年に初めて自社のラインナップにフレグランスを投入しました。

ブランドのイメージに合致した、洗練され華やかなフレグランス作品が、いまではいくつも登場してます。

今回は、その皮切りとなった作品、その名もジミー チュウ オードパルファムと、ジミーチュウ オードトワレをご紹介します。

スポンサードリンク

ジミーチュウの香りは?

ジミーチュウ オードパルファムの香りの構成

トップノート:マンダリンオレンジ、ペアー(洋梨)、グリーンノート

ミドルノート:オーキッド(蘭)

ベースノート:トフィー、パチュリ

調香師:オリヴィエ・ポルジュ(Olivier Polge)

ジミーチュウ オードパルファムと言えば、オーキッド(蘭)の香り!

というくらい、オーキッドが大きな存在感を放っています。

バラやチュベローズに負けない華やかな香りと、どこか自由奔放さを感じさせる、エキゾチックな甘さが大人の雰囲気です。

それはまるで、自分の魅力をちゃんとわかっていて、パーティーといった大人数の中でも、どう振る舞えばいいかわきまえているセンシュアルな美女。

駆け引き上手だけれど根はしっかり者の彼女は、チヤホヤされても舞い上がることはありません。

ラストに香るパチュリは、精神的に落ち着いた大人の女性をイメージさせます。

どんなに華やかなパーティーでも、お開きの時間が来たらスマートに帰るべきもの。そして、また明日は朝からパワフルに活動するのです。

調香師 オリヴィエ・ポルジュは香水界のサラブレッド!

調香師は、オリヴィエ・ポルジュ、と聞いて、ピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんね。

そうなんです。

オリヴィエ・ポルジュは、「アリュール」や「チャンス」、「レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネルシリーズ」(Les Exclusifs)などを手掛けたシャネルの3代目専属調香師、ジャック・ポルジュの実の息子さんです。

ちなみに、ジャック・ポルジュはシャネルの4代目調香師となっています(2017年現在)

ジミーチュウは、シャネルの専属となる以前の他ブランドの作品であり、もはやシャネル専属となってしまった現在からすると、ある意味貴重な作品の一つと言えます。

ジミーチュウは普段使いにどう?

ジミーチュウ オードパルファムは、一般的なオードパルファムよりも香りが強めのフレグランスです。

朝まとって、夕方まで充分に香りが持続する、しっかりとした香りの存在感があるタイプです。

それでいて、香りそのものの中には透明感が感じられる、2010年代らしい調香だと思います。

手首や髪の毛、胸元といった上半身につけてしまうと、強い香りに疲れてしまうかも・・・

足首まわりなど、下半身にワンプッシュずつまとったり、気軽に洗濯ができる素材のストールやカーディガン、スカートの生地に吹き付けるといった“ほんのり”香らせる使い方がエレガントです。

慣れてきたら、スカートスタイルの日に、膝の裏に・・・なんて使い方も素敵。

ジミーチュウのラインナップ

ジミーチュウ オードパルファム

しっかりした骨太の香りから、欧米がイメージする大人の女性像を思い描くことができます。

精神的にも経済的にも自立した、美しく、内面から溢れる美しさを持つ女性。

そして、自ら輝き、周りにも影響を与えるような強い女性は、ジミーチュウウーマンの理想像をまさに香りで表現した姿なのでしょう。

この香りによって、ジミーチュウというブランドそのものが格上げされたように感じます。

ジミーチュウ オードトワレ

2011年に発売されたジミーチュウ初のフレグランス、ジミーチュウのオードトワレ版です。

オードトワレながらも、しっかりと香りが持続しますので、香りが薄い・すぐに飛んでしまうといった心配はいらないと思います。

オードパルファム版同様に、オーキッド(蘭)の香りを基調としながらも、オードトワレ版ならではの調香センスが光ります。

トップノートのスパイシーなジンジャーと、対極的な甘くフルーティな洋梨のハーモニーがユニークです。

オーキッドに負けず、エキゾチックな芳香を放つのは、タイフローズというアラビアのバラの香りです。

ラストノートは、シダーウッドの落ち着いた香りが、洗練された都会的なリラックスタイムを過ごすかのよう。

肌なじみは、こちらのオードトワレ版の方が良いと思います。

愛用者の中にはオードトワレ版の方が好き!という声も少なくありませんよ。(どちらも魅力的ですが)

ちなみにこちらのオードトワレ版は、オリヴィエ・ポルジュベロニク・ナイバーグ(Veronique Nyberg)の共作です。

ジミーチュウ ボディローション

ジミーチュウの香りは好きだけれど、液体のフレグランスでは、香りが強い・・・

そんな時には、ボディローションが合うかもしれません。

肌そのものの匂いと馴染み、柔らかく香ります。

ジミーチュウ コフレ

ジミーチュウ オードパルファムにボディローション、シャワージェル、オードパルファムのロールオンタイプセットになったおトクなコフレ。

バスタイムからセレブ気分に浸れ、さらにお出かけ先で便利なロールオンタイプもついています。自分へのご褒美にも◎

ジミーチュウ オードパルファム ミニボトル

ボトルデザインもそのままのミニサイズ(4.5ml)です。

インテリアとして飾っておくのも可愛いですね。