レイヤードフレグランス ボディースプレー シャンパン

今回は、日本初の香水ブランドを紹介します。

気軽にパシャパシャと使え、持ち運びにも便利なレイヤードフレグランス ボディースプレー から、シャンパンの香りをご紹介します。

スポンサードリンク

レイヤードフレグランスって?

イケメンフレグランスアーティストの石坂将さんがプロデュースしている、日本発のフレグランスブランドです。

(実は私、お会いしたことがありますが、本当にイケメンです!)

軽やかで気軽に使える香りが特徴です。

また、価格もリーズナブルなのが嬉しい!

安価な香水にありがちな軽い=安っぽい、ではなく、軽いけれど上品、誰からも好かれる好感度の高いラインナップが特徴だと思います。

シャンパンの香りって?

特別なシチュエーションで開ける、大人の飲み物。

それがシャンパンですよね。

華やかに広がるぶどうの香りと、弾ける泡のフレッシュな刺激がなんともいえません。

そのシャンパンを見事に再現しているので、立ち居振る舞いまでが上品になってしまいそう。

もちろんフレグランスなので、お酒特有のアルコールくささをなくし、フルーティーなぶどうの香りを楽しむことができます

お酒が飲めない方でも、華やかな気分になれそうです。

私はあまり飲めないので、飲まなくてもお酒を楽しむ気分になれて、ハッピーです(笑)

もちろん、シャンパンがお好きな方には、たまらない香りではないでしょうか!

シャンパンはオフィスに合う?

お仕事中にお酒は、もちろんNGですが(笑)

上質なフレグランスとしてのぶどうの香りは、気分を高めてくれます。

特別な予定がある日にまとうだけでなく、敢えて雨の日にまとったり、残業続きのお疲れモードの時にもオススメ。

心に華やぎがほしい時にも活躍まちがいなしです。

華のある香りですが、爽やかさも併せ持っているため、ビジネスシーンにもマッチしそうです。

他の香水ブランドとの重ね付けってアリ?

元来、重ね付けを前提としていることもあり、夕方から夜にかけて、重めの香りを重ねたい時にはもってこいです

夜の予定に併せて重ね付けをする場合、大人の女性にふさわしい香りとの相性が良いと感じました。

たとえば、シプレー系やオリエンタル系など、やや重めの香調を選べば、シャンパンの華やかさと相まって、ゴージャスな印象になれそうです。

ある香水の名前が、そのまま香調名になった「シプレー」。 1917年に、当時フランスの香水会社だったコティより発売された「CHYPRE ...
オリエンタルの香調とは? 「オリエンタル」と聞いて、あなたは、どのあたりの地域をイメージしますか? 直訳すると、「東洋的な」とい...

ドライダウンを楽しむ

私が一番気に入っているのは、ドライダウン後の香り。

華やかなパーティーが終わった後の、静かなひとときを想像させてくれるのです。

飲みすぎた反省会ではありません(笑)

肌そのものの香りと混じり合い、鼻を近づけた時だけにわかるのです。

残り香のような丸くなった香りがたまりません。

香りの変化が小さいですが、ラストノートからは、穏やかにまろやかな香りへと移り変わってゆくのです。

自分のために香らせて、香りの変化を観察すると、心が穏やかになるような気がします。

周りへのアピールではなく、自分の時間のためだけに香りを楽しむのも、贅沢な使い方だと思うから。

もちろん、カレや旦那さんと肌を寄せ合って過ごす、甘いひとときにも・・・

レイヤードフレグランス シャンパンのラインナップ

ボディースプレー 10ml

ありそうでなかった、10mlという持ち運びサイズ。

外出先で付け直すのに便利な大きさです。

重さが軽いところも女性にはうれしいです。

お試しでまずは1本、というトライアルにもちょうどいいサイズです。

ボディースプレー 100ml

たっぷりと使いたい方には、100mlサイズがオススメ。

自宅には100mlを置いておき、バッグには10mlを忍ばせておくと、一日中香りを切らすことなく楽しめそうです。

フレグランス ディフューザー

レイヤードフレグランスには、ディフューザーもあり、ボディスプレーと同じ香りで空間を演出することもできます。

華やかなシャンパンの香りは、空間用としても素敵です。

容器のデザインもすっきりしており、インテリアとしてもモダンでオシャレ。