トッカ オードパルファム グラッシエラの香り TOCCA Graciella

ニューヨーク発のアパレルブランド「トッカ」のビューティーラインからも、フレグランス製品が発売されています。

歴史上の人物や、実在の映画女優、架空の女の子といった、一人の女性をモチーフにした香り作りがなされていて、ネーミングの背景にあるストーリーを知るのも楽しいです。

今回は、私が大好きなグラッシエラの香りをご紹介していきます。

スポンサードリンク

グラッシエラの香りの特長

グラッシエラのモチーフとなった女性は?

グラッシエラの香りは、グレース・ケリーをイメージしています。

ハリウッド女優からモナコ公妃となった気品ある美しい女性。

妊娠中のお腹をバッグで隠したことから、そのエルメスのバッグがケリーバッグという名前に変わったことなど、その逸話はあまりにも有名。

1982年に事故で亡くなった後の今日でも、彼女は世界中の女性の憧れともなっています。

香りの構成は?

まさに、グレース・ケリーのイメージ通り。

ビターオレンジと梨、そしてアプリコットの甘酸っぱいトップノートに始まります。

柑橘系のトップノートは、親しみがあり、甘すぎないので使いやすいですね。

メインは白い大輪のユリの花がそこにあるかのような、凛としたホワイトフローラルノートです。

カサブランカリリーを引き立てるように、バラ、イランイランが優しく寄り添います。

そして、私が特に気に入っているのが、香りが消えてなくなる直前の上品さ。

アイリスやムスクにベンゾインの優しい甘さがとろけるようです。

この頃には、香りはとても弱くなっているため、自分だけがほのかに感じられる程度に。

グラッシエラの香りは、付けている間を通して気品があり、つけたての瞬間から香りが消えるまで、優雅な女性らしさを失いません。

私にとっては、ユリの花のように、すっと立った美人のイメージ・・・まさにONの香りです。

どんな時に合う香り?

お仕事モードに切り替えたい時、今日はハードな仕事だけど一日がんばりたい、という時にピッタリだと思います。

肌にまとうのはもちろん、スカートの裾や、ジャケットの裏側に吹き付けることで、身体が動くたびにフワリと香り、自分を取り戻すことができそうです。

お洋服に吹き付ける時は、その前に素材をよく確認してくださいね。

白やベージュ、パステルカラーなど淡い色の繊維や、シルク、ウールといった天然素材は、香水がシミになったり、繊維を傷めてしまうことも。

ちなみに私は、洗濯機で洗える素材の布地につけるようにしています。

オフィスや夜遊びにもOK?

気品ある優雅な香りなので、オフィスでまとっていても、好き嫌いが大きく分かれる香りではないと思います。

ユリの香りでも、古臭くならず、近年のトレンドに合った軽やかな香り方が優雅です。

軽やかとはいえ、オフィスでは、上半身につける量は控えめに。その気遣いが、あなたの品格を上げてくれるのです。

一方で、やや優等生的な香りとも言えます。

そんな時は、ランチタイム後のお化粧直しで香りのつけ直しをせず、敢えて、香りが薄らいだ頃にほかの香りを重ねるのもアリ。

夜から予定がある時や、オンとオフで切り替えたい時にも、オススメの使い方です。

トッカのボトルデザイン

クラシカルなボトルのデザインも、トッカのフレグランスの特徴となっています。

丸みのあるボトル本体と、ビンテージのような加工が施されたキャップが特徴的です。

ボトルのガラスには重みがあって、高級感が感じられます。

お部屋に置いておいても可愛いですよ。

ボトルのラベル部分のみが香りによって異なっており、いくつかの香りを並べて置いてもオシャレ。

ちなみに、グラッシエラの香りは、ブルーのラベルとなっています。

グラッシエラのラインナップ

トッカのフレグランスは、香水(オードパルファム)の他、ハンドクリームやフレグランスキャンドルもあるのですが・・・

グラッシエラの香りは、現在のところ、香水だけで楽しむことができます。

グラッシエラ オードファルファム

グラッシエラのオードパルファムは、通常サイズ、50mlのワンサイズのみとなっています。