ペンハリガン エレニシア Ellenisia Penhaligon`s

ペンハリガンは男性用フレグランスを得意とするブランドですが、フェミニンな女性用のフレグランスもお手の物。

英国王室御用達ブランドでもあり、品のある優美な香りが特徴的です。

今回は、ケルト語で「妖精」を意味する言葉からネーミングされた「エレニシア」をご紹介します。

スポンサードリンク

知的なホワイトフローラル

よくあるホワイトフローラルではなく、もっと個性的なものを探したい。

そんな香水通の方にもお伝えしたいのが、エレニシアの不思議な魅力です。

「妖精」をモチーフにした通り、ミステリアスな香りなのです。

では、香りの構成を見ていきましょう。

エレニシアの香りの構成

トップノートの爽やかさ

夜明け前。まだ太陽の光が昇り切る前の、澄んだ空気の時間帯を思わせるようなトップノート。

マンダリンオレンジとバイオレットリーフの、ジューシーかつグリーンな葉の香りが、ストーリーの幕開けを告げます。

まるで、草木の葉に朝露を見つけた早朝のよう。

妖精が棲むと言われる、朝の森へ向かっているのだと気付きます。

チュベローズラバーにもおすすめ

肌のぬくもりとともに、森の奥から白い花々が現れてきます。

蜜のように甘く、透明感のあるガーデニア。

チュベローズとジャスミン、白いバラ、イランイラン。

濃厚な、夜の闇に白く輝く花と思われがちなチュベローズが、エレニシアの中では朝露に輝いているようです。

チュベローズは夜にまとう香りの定番ですが、エレニシアの場合、朝のチュベローズを感じられ、新鮮な印象に。

むっとするようなミルキーさやパウダリックな香りはなく、あくまでみずみずしく、透明感が保たれています。

清潔感のあるチュベローズ。

やがて白い花々のかぐわしいハーモニーに加わるのは、森のなかで見つけたプラム。

プラムが入った箱を開いたときのような、甘酸っぱく、みずみずしい香りです。

品のあるレディーなラスト

やがて、バニラやベンゾインが奏でる穏やかなラストノートがやってきます。

甘酸っぱいプラムをかじっているうちに、日は昇ってしまったかのよう。

エレニシアはオードパルファムですが、香りは弱めで、香りが広く拡散するタイプではないと思います。

また、華やかなグルマン系とは違い、後半にバニラが主張することはほとんどありません。

いつのまにか日は高く、空は明るい青空になっています。夜明け前、妖精の森を歩いていたのは、夢だったのかしら・・・

そんな、エレニシアのストーリーのエンディングを想像してしまいます。

使えるシチュエーションは夜?それとも昼?

エレニシアの香りは、昼間、それも、朝の時間帯にぴったりの香りだと思います。

香りも強くはなく、ムワッと周囲に広がるタイプではないので、オフィスでもさわやかに香らせることができそうです。

下半身を中心にまとえば、あなたの動きに合わせて、透明感のある香りをふわりと立ち昇らせることも。

エレニシアのラインナップ

エレニシア オードパルファム

エレニシアは、オードパルファムのみの作り。

オードトワレはなく、50mlと100mlの容量違いとなっています。