【廃盤】セルジュ・ルタンス サ マジェステ ラ ローズ バラの女王 Sa Majeste la Rose

セルジュ・ルタンス

喫茶店に入ったら、溢れんばかりにバラの花が描かれた、素敵なカップ&ソーサーで提供されました。

バラの花そのものでなくとも、女性はバラに関係するものを提供いただくと、なんだかうれしくなってしまうもの。

(男性の皆さん、気になる女性や奥さんに何かサプライズをするなら、バラはオススメです)

セルジュ・ルタンスには、バラをテーマにした作品がいくつかありますが、中でもいまの時期にピッタリのバラは、サマジェステラローズ オードパルファムだと思います。

日本での名前は「バラの女王」です。

スポンサーリンク

サ マジェステ ラ ローズの意外なイメージ

「バラの女王」、その女王という言葉からは、絶対的な権力を思わせます。

ネーミングについては少々、疑問を感じました。

なぜなら、バラの魅力は女王っぽさだけではないと思うから・・・

また、私がサ マジェステ ラ ローズを初めてまとった時の第一印象は、女王という完成したイメージよりも、もっとピュアな魅力を感じたからなのです。

摘みたてのバラ、あるいは、まだ開き切る前のバラだけが持つ、清純な香りをイメージしました。

それでは、どんな香りなのか、詳しく見ていきましょう。

サ マジェステ ラ ローズの香りは?

香りの構成を見ても、やはりバラが主役であることに間違いはありません。

サ マジェステ ラ ローズの構成

メインとなる香り:ローズ

ローズを引き立てる香り:ガイヤックウッド、クローブ、ハニー、ムスク

調香師:クリストファー・シェルドレイク(Christopher Sheldrake)

同じくセルジュ・ルタンスのフルールドランジェの場合は、オレンジブロッサムを主役に据えながらも複数の花々を従えたホワイトフローラルブーケの作風でした。

サ マジェステ ラ ローズに入っているお花は、バラのみとなっています。

このため、シンプルでブレのない、バラをまっすぐに感じるように出来上がっているのですね。

ほかに特徴のある香りとして、ガイヤックウッドについて書いていきます。

ガヤックウッドと表記されることもあります。

アロマテラピーでの利用や、化粧品にも用いられる樹木からなる精油です。

樹木を燻したような、スモーキーな香りが特徴で、ほんのりとバニラのような甘みも感じられます。

ところで、バラの香り以外は、ラストノートからドライダウンに掛けて活躍するような香料が並んでいることに気が付くでしょうか?

とにかくバラを引き立てるための調香だ、ということに・・・

そう思わずにはいられません(笑)

だからこそ、この作品は「バラの女王」なのかもしれません。

構成に入っていない香り

上に挙げた香りの構成の中には入っていませんが、私は次の2つの香りを感じたので、メモとして残しておきます。

まず、グリーンノート。

青々とした草っぽさというよりは、落葉樹の葉のようなグリーン感です。

トップノートの数分にだけ青っぽさが顔を見せ、すぐに消えてしまいます。

次に、ライチ。

フルーティーな香料は一つも入っていないのですが、甘くジューシーなライチを思わせるフルーティー香を感じました。

サ マジェステ ラ ローズのラインナップ

サ マジェステ ラ ローズ オードパルファム

サ マジェステ ラ ローズは、オードパルファムのみの作りとなっています。

香りの強さは穏やかで、ラストノートからドライダウンにかけての優しい香りが長く続くタイプです。

従来からのバラ香水が持つ、華やかで女性らしさムンムンの香りというよりも、ピュアな透明感と精神的な落ち着きを併せ持った、大人のフレグランスです。

残念ですがすでに廃盤となっており、小分けなど少量が流通するのみとなっています。

タイトルとURLをコピーしました