ラルチザンパフューム シュール エルブ SUR L’HERBE

先日に引き続き、ラルチザンパフュームから発売された新作について書いていきます。

もう1つの新作もオーデコロンで、シュールエルブという黄緑色のコロン。

草の上で過ごしている初夏の一日を思わせる、見た目にもさわやかな作品です。

スポンサードリンク

シュール エルブの由来

シュール エルブは、フランス語でSUR L’HERBEと表記します。

草の上で、と邦訳されており、印象派の画家、エドゥアール・マネの「草上の昼食」を香りで表現しました。

草原の上でピクニックを楽しむ、という絵画なのですが、当時はセンセーショナルな作品として話題になったようです。

シュール エルブの香りの構成

シュール エルブは、トップノート、ミドルノート(ハートノート)、ベースノートといった調香にとらわれていません。

草の上でピクニックを楽しんでいる時のように、自然の香りが代わる代わるに立ち上ります。

香りの構成:ベルガモット、オレンジブロッサム、グリーンノート、ホワイトムスク、アンバー

調香師:ファブリス・ペルグラン(Fabrice Pellegrin)

つけたての瞬間、ベルガモットのフレッシュな香りが弾け、何か楽しいことが始まる瞬間に立ち会った時のようです。

そこからオレンジブロッサムとグリーンノートが掛け合いのように現れ、あなたを草上のピクニックに連れ出すのです。

ラストは、アンバーとムスクが優しく溶け合い、草の上で過ごす初夏の夕暮れ時を思わせます。

シュール エルブの香り方

シュール エルブは、同時に発売されたオ ボー ド ローよりも、わかりやすい香り方をする作品です。

シトラスとグリーンがお好きなら、ハズさない作品がシュール エルブです。

また、夏に向けて新しい香りを探している方や、誰か他人と被らないサマーフレグランスが欲しい時にはもってこいです。

同じ夏向けの作品でも、アクティブで、動きを感じるような作品がシュール エルブだとすると、オ ボー ド ローは静かな作品。

この2つを、その時の気分で選んでみるのも楽しいと思います。

香りの持続時間は?

シュール エルブはオーデコロンですが、一般的なオーデコロンより香りの持続は長め。

実際に肌に乗せてみて、オーデコロンとオードトワレの中間くらいの持続時間だと感じました。

シュール エルブの個性的なところは、ラストノートからドライダウンにかけてです。

一般的なフレグランス製品の場合、ラストノート以降に重めの香料が残るような調香手法を採っています。

シュール エルブの場合はそうではなく、アンバーとムスクが際立ったラストではないのです。

もちろん、まったく感じないわけではありませんが、肌の上でまろやかになったオレンジブロッサムとグリーンが、ドライダウンでも引き続き感じられるのです。

シュール エルブの似合うシーン

シュール エルブが持っている、明るく弾むような雰囲気は、ポジティブな印象を与えます。

このため、仕事の時にもピッタリと言えそうです。

そもそもオーデコロンとして作られているため、香り自体が軽やかです。

万一つけ過ぎてしまっても、ベルガモットもオレンジブロッサムも、きつく香るタイプの香料ではありません。

香害になりにくい調香方法と、穏やかな香料で作られており、オフィスでも安心してまとえそうです。

私の個人的なイメージでは、営業職の方や、営業事務といった、人と多く接する機会のある方にぜひオススメしたいですね。

接する人を明るい笑顔にする、ポジティブなフレグランスです。

また、なんだかやる気が出ない朝に、シュッと一吹きしてみると、オレンジブロッサムから元気をもらえそうです。

シュールエルブのラインナップ

オ ボー ド ローは、オードトワレのみの作りとなっています。

まだ、百貨店などで手に入るばかりとなっており、インターネットでの入手は、ブルーベル・ジャパンの公式サイトのみとなっているようです(2017年5月6日現在)

世界で同時発売した作品で、並行輸入品も入ってきていません。(2017年5月6日現在)

シュール エルブが好きな方は、こんな作品も気にいるかもしれません。

(または、この作品が好きな方は、シュール エルブもお好みかも)

ラルチザンパフュームのグリーン系のフレグランス、ロードラルチザン。 直訳すると「ラルチザンの水」、あるいは「職人の水」となる、洒落っ気...
春から初夏にかけてピッタリのフレグランスを探していたら、ディプティックのロードネロリに出会いました。 ベルガモットとネロリのモチーフは...
だんだんと日が長くなり、気温も上がってくる初夏を迎える季節。 そんな季節にぴったりのフレグランスをご紹介します。 初夏の晴れた日...