ミラーハリス ティートニック Tea Tonique

ロンドンのメゾンフレグランス、ミラーハリスの「ティートニック」は、洗練された紅茶の作品。

初夏を思わせる、シトラスグリーンがさわやかなアイスティーのイメージです。

【ミラーハリス】ティー トニック オードパルファム EDP SP 50ml [並行輸入品]

スポンサードリンク

ティートニックの香りは?

ティートニックは、その名の通りお茶の香り。

ロンドン生まれのブランドということもあり、お茶は紅茶、ベルガモットの香りがついたアールグレイのような香りです。

実際の紅茶の香りより透明感があり、クールな雰囲気で、ホットティーというよりはアイスティー。

つけたての瞬間からミドルにかけては、ベルガモットそのものやレモンといった柑橘の香りを感じます。

トップノート:イタリアン ベルガモット、プチグレン、レモン
ハートノート:スモーキー ティー、ナツメグ
ベースノート:マテ アブソリュート、バーチタール、ムスク
調香師:リン・ハリス(Lyn Harris)、マシュー・ナルダン(Mathieu Nardin)

その他にマテ茶のアブソリュートや、ナツメグが入っていることもわかります。

バーチタールというのは、レザーの香りにも使われることがある、焦げた木のような香りです。

バーチタールはほんのわずかに嗅ぎ取れるかどうかといったところですが、クールな印象を与えているように感じます。

ドライダウンの香りは、癒やし効果バツグンです。

やわらかくなったお茶の丸みのある香りと、ムスクが優しく包み込むかのようです。

ティートニックのもちは?

ティートニック自体は、軽めの調香で、まるで晴れた初夏の昼間に吹くそよ風のよう。

レモンの果汁感は30分ほどで丸みを帯びてゆくものの、香りの変化は小さく感じました。

さわやかなお茶のイメージのまま、4時間ほどは肌の上で香りが残り、徐々に自分の肌そのものの香りと馴染んでゆきます。

もし、あなたがエルメスのナイルの庭を好きなら、トライしてみる価値のある作品です。

ティートニックは女性がまとうとどんなイメージ?

ティートニックをまとった女性は、仕事ができそうなスタイリッシュなイメージを抱かせます。

また、一緒にいて居心地のいい、落ち着いた女性の雰囲気も。

外資欧米系シティホテルのラウンジで漂っていそうな、静と動のバランスが取れた作品なんです。

静かすぎる香りではなく、動きのある要素も持っているわけです。

仕事もプライベートもアクティブな、快活な女性になれそうな気がしました。

一方、恋愛のムードは物足りないようです。

合コンや出会いの場、付き合い始めたばかりのカレとのデート用には、ローズやチュベローズの香りを重ね付けすると良いと思います。

実はミラーハリスは、重ね付けしても香りが濁りにくく、昼と夜でイメージチェンジを楽しむのにも向いているブランドです。

普段、甘めのフローラルが好きなあなたなら、カッコ良い系のティートニックを重ね付けして、イメチェンしてみるのも悪くないと思いますよ。

ティートニックのラインナップ

ティートニック オードパルファム