ディプティック エッセンスアンサンセ 2015 Essences Insensees

夏物のセールを眺めながらも、気分は既に秋へ向かっている私。

秋は香水シーズンの始まりでもあり、冬のノエルへ向け、もっとも気分が高まる時期でもあります。

私が持っている香水のいくつかは、限定品であったり、廃盤となっていたりするものがいくつかあります。なぜか、気に入っているものほど、もう新しく買えないものが多かったり・・・

今から手に入れるのは難しいかもしれない作品、廃盤となった作品も、時々ですが、少しずつ紹介していきたいなと思います。

今回は、ディプティックの2015年の限定品、エッセンスアンサンセ 2015をご紹介します。

スポンサードリンク

エッセンスアンサンセ 2015とは?

エッセンスアンサンセは、ディプティックが年に一度、その年だけの香りとして発表するオードパルファムのことで、2014年から始まったようです。

私は2014年のものは手に入れそびれておりますが、2015年と2016年はなんとか入手できました。

ちなみに2015年と2016年は、9月の発売でした。売り切り終了といった限定品となっています。

↑写真はエッセンスアンサンセ 2015のオードパルファムです。

エッセンスアンサンセ 2015の香りは?

エッセンスアンサンセ 2015は、ジャスミン好きにはたまらない作品でした。

収穫した年が異なるジャスミンが2種類も使われており、まるで弦楽二重奏を思わせてくれます。

ベリー系のフルーティーなジャスミンと、ホワイトフローラルとしておなじみのジャスミンらしい香りの二重奏です。

つけたての瞬間には、お香を焚いた時のようなスモーキーな香りを感じます。

ジャスミンの作品にありがちなケモノっぽさは、私の肌の上では現れません。体温が上がった時でさえもです。

2種類のジャスミンの後ろに隠れるようにして、控えめにオレンジブロッサムが咲いています。

このミドルノートは概ね安定していて、ジャスミン好きの私はとても満足しています。

気候やその時の体調によって、やや香りの印象は変わりますが、ジャスミンが主役であること、このブレがないのです。

ドライダウンには、ジャスミンティーのような、ほんのりとティーフレーバーを感じました(実際はバジルの香りでしょうか)

徐々に柔らかく、角が取れるように甘みを増すジャスミンは肌の上で溶け、静かに消えていきます。

ジャスミン香水によく合わせられる、ムスクは感じませんでした。

エッセンスアンサンセ 2015の香りの構成

収穫年が異なる2種類のジャスミン、オレンジブロッサム、バジル

調香師:ファブリス・ペレグラン(Fabrice Pellegrin)

香りの強さと、持続時間は?

エッセンスアンサンセは不思議な作品です。

香りの変化はたしかにあるのですが、変化の振れ幅は小さく、ピラミッドというよりも、ゆら〜り、ゆらりと揺れるような穏やかな変わり方をするのです。

また、明かされている香料もごくわずかです。

単体でまとって出掛けると、お昼頃には香りを感じなくなります。

もう香りが消えてしまったのかな、と思いきや、夕方頃にふっと香りを感じたりもする・・・

淡い香りが肌に残っているのです。

決して弱い香りではないけれど、自ら派手に主張する香りではないことがわかります。

ほのかな香りが自分のごく近くでだけ続く、静かに我が道を行くアーティストタイプ・・・といったところでしょうか。

春よりも秋、にぎやかな場所へ出掛ける時よりも、部屋でゆっくり過ごす夜や、仕事用であれば、事務処理をこなす日に合わせたくなる香りです。

明かされている香料の中にお香は入っていませんが、やはり、お香を焚いている時のような、静かで満たされた気持ちにさせてくれます。

もしかすると、恋愛中の方や若い方には向かないかもしれません。

また、他の香りとの重ね付けにも向いていないかな。単体使いで穏やかに楽しむ作品です。

ホワイトフローラルの王道を行くと見せかけて、実はアートの雰囲気を発揮する、良い意味の意外性。ディプティックらしい作品だと思いました。

エッセンスアンサンセ 2015のラインナップ

エッセンスアンサンセ 2015は、オードパルファムとソリッドパフューム(練り香水)の2ラインナップでした。

今からの入手はなかなか困難だと思いますが、もし復刻する機会があればいいな・・・

そんな風に思います。個人的には、もっと年齢を重ねてから使ってみたい作品です。

惜しみなく、しかし大切に使うつもりですが・・・

エッセンスアンサンセ 2015 オードパルファム

エッセンスアンサンセ 2015は ソリッドパフューム(練り香水)