ラルチザンパフューム モン ニュメロ10 Mon Numero 10

ラルチザンパフューム

ラルチザンパフュームの中でも特に変わっていて、一度、嗅いだら忘れることができない奇妙な香り。

残念ながら、現在の日本のラインナップからは外れているのですが、海外ではレギュラー商品として売られており、通常通りに手に入るようです。

夏季休暇を利用して、フランス本国や、アメリカ本土に旅行する方が多くなるこの時期、海外旅行先で現地の香水店に立ち寄る楽しみもありますよね。

また、インターネットでは比較的容易に手に入ります。

そんなわけで、今回はラルチザンパフューム モン ニュメロ10をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

モン ニュメロ10の香りは?

モン ニュメロ10の香りを一言で表現するのはとても難しいです。
敢えて一言で表現するなら、贅沢に木材を使った部屋の中で革張りのソファに腰掛け、ゆったりとお香を炊きながら濃厚なスイーツをいただいている…そんなイメージです。

何とも言えない奇妙な感じ、これまでに嗅いだことのない複雑な香りがします。

奇妙な香りなのに、いちど嗅ぐと忘れられない…クセになる香りです。

この作品について語っていると、それぞれ人によって少しずつ印象が異なるところも面白いです。

まとう人の肌質によって、香りの現れ方が少しずつ違ってくるのだと思います。

共通点はレザーの香り、というところ。

モン ニュメロ10の香りの構成

トップノート:ピンクペッパー、シナモン、アルデハイド、フェンネル、カブリューバ(エッセンシャルオイル)、カルダモン

ミドルノート:レザー、インセンス(お香)、ローズ、ゼラニウム、ジャスミン

ベースノート:レザー、トンカビーン、ベンゾイン、シダーウッド、バニラ、ムスク、スタイラックス(エゴノキ)、アンブレイン(アンバーグリス)、ハイラックス、ヘリオトロープ

調香師:ベルトラン・ドゥショフール(Bertrand Duchaufour)

ベルトラン・ドゥショフールらしい複雑な香りというだけあって、たくさんの香料が使われていることがわかります。

モン ニュメロ10のトップノート

トップノートはスパイシーで、弾けるように鋭く、ピンクペッパー、シナモン、フェンネル、そしてカルダモン。

火にくべた乾いた木がはぜる瞬間を思い起こさせます。

ほんのりと甘いような、それでいてすっと鼻に抜けるような・・・。

カブリューバという、南米原産の樹木のエッセンシャルオイルは、ネロリドールというネロリの精油にも入っている成分が多く含まれており、豊かな香りを放ちます。

カブリューバを嗅ぐと、さいきんの私はフエギアを連想してしまいます。

モン ニュメロ10のミドルノート〜ラストノート

スパイシーで賑やかなトップノートから一転、ミドルノートは静かな雰囲気に。

いよいよレザーの出番です。

体温で温まる前は、どことなく冷たい印象、クールな香りに背筋が伸びるようです。

新しい革靴やバッグを使い始める時の、まだ自分の肌に馴染まないあの感じ。

レザーの中に、スモーキーなインセンスが香ります。

やがて肌の上であたたまるに連れて、何年も寝かせたウイスキーが喉を下ってゆく時のような、カラメル様の甘みを持つアンバーノートが広がります。

レザーノートもまた、何度も羽織るうちに自分の身体の一部となったレザージャケットの着心地に、あるいは、ドライバーをすっぽりと包み込むクルマのシートのように、まとう人の肌に馴染みます。

あたたかみのあるラストノートは長く肌に留まります。

持続時間が長く、4〜5時間は香りを感じました。

モン ニュメロ10の2つのイメージ

私がモン ニュメロ10に抱くイメージは、2つあります。

秋から冬のイメージ

まず1つ目は、秋から冬にかけてのイメージです。

ぱちぱちと火が爆ぜる暖炉の前に置かれた、革張りのカウチソファ。

ぬくもりに包まれ、心から安心できるひととき。

ブランデーを混ぜたホットドリンクと共にゆっくりと過ごす、秋の長い夜を思わせてくれます。

真夏のイメージ

続いては、一転して真夏のイメージです。

氷をたくさん浮かべたチェリーコーク・・・。

私の肌の上では、レザーの香りが引き立つ時と、なぜだかチェリーコークのような、ポップな香りが立つことがあります。

あたたかみのあるスパイス類とカラメルが混ざり合いながらも、炭酸飲料のような爽快感があるからでしょうか。

初めは驚きましたが、徐々にこれがクセになりまして、むしろチェリーコークになってくれないかと思いモン ニュメロ10を手にとることもしばしば・・・。

コークっぽい香りが立つ時は、おそらく、いつもよりも私の体温が高い時だと思うのですが・・・

こうなるとメンズフレグランスっぽさは感じず、性別のないユニセックスな香りとしての楽しめます。また、カジュアルなデニムやスニーカースタイルにも合わせやすいというメリットもあります。

2面性がある作品を使い分ける方法

もし、チェリーコークっぽさを出したくないなら、体温の影響を受けにくい部分にまとうようにしています。

たとえば、外くるぶし、足の甲、背中といった具合にです。

全く体温の影響を受けない、というわけではありませんが、脈の部分を外すことができます。

一方、手首や腕の内側、膝のお皿の真裏にまとうと、華やかに香りが立ちやすくなります。

ベルトランの真骨頂

モン ニュメロ10は、フランス語→英語でMy No.10の意味。

唐突にNo.10が出てきたわけではなく、この“数字シリーズ”10番目の作品です。

2011年の発売時、この作品は各国のバーニーズ・ニューヨークのみで販売された貴重な作品です。

しばらくの間は、ラルチザンパフュームの旗艦店でさえ取り扱われませんでした。

2017年の今だからこそですが、モン ニュメロ10は、ベルトランがラルチザンパフュームに残した至高の作品だったのではないだろうか。

私はそう考えています。

この頃のラルチザンパフュームは、新作のほとんどがベルトランの手による作品でもありました。

ラルチザンパフュームとベルトランという、一風変わった他にはない作品を生み出すという共通イメージが合致していたものの、当時は、奇抜さが重視されがちであり、世間の注目もそこにフォーカスされていたようにも思います。

そんな中で、奇妙ながらも人を惹き付けてやまない香り、それがモン ニュメロ10と言えるのでは。

ちなみに数字シリーズの9番目、No.9は、いまでも購入することができます。

ラルチザンパフュームのリニューアルを生き延びた作品でもあります。

ラルチザンパフューム モン ニュメロ9  MON NUMÉRO 9
ラルチザンパフュームの数字シリーズ、モン ニュメロ9。 9番だけが存在するのではなく、実は、1番から10番までの作品があった中の1つです。 ラルチザンパフュームは商品の改廃が頻繁にあるブランドで、数字シリーズもなくなってしまいま...

モン ニュメロ10のラインナップ

モン ニュメロ10は、オードパルファムのみの作りとなっています。

本体は100mlのスプレーボトルのみです。
インターネット上では、旧ボトルと新ボトルが混在しているようです。

モン ニュメロ10 オードパルファム

タイトルとURLをコピーしました