ジョーマローン ライム バジル & マンダリン コロン Lime Basil & Mandarin

汗ばむ季節になると、甘いだけでなく、すっきりした香りをまといたくなりますよね。

今回は、そんな季節にピッタリ、ジョーマローンの人気フレグランス「ライム バジル & マンダリン コロン」をご紹介します。

スポンサードリンク

ライム バジル & マンダリン コロンの香りの構成

ネーミングの通り、ライムとマンダリンが主役。

苦味と甘味のバランスが程よく、あと残りがスッキリした夏らしい香りです。

トップノート:ライム、マンダリン、ベルガモット
ミドルノート:バジル、タイム
ベースノート:アンバーウッド、ベチバー
調香師:ジョーマローン

メインのライム、マンダリンに加えて、ベルガモットの香りも入っていると思います。

バジルが上品に柑橘とミックスされ、タイムなどいくつかのハーブが混ざったような草の香りもします。

バジルというと、パスタソースやイタリアンを思い浮かべる方も多いと思います。

ジョーマローンのフレグランスは、料理用のバジルとは異なり、フレグランスとしてのバジルの香り方です。

ペパーミントほどではありませんが、すっと鼻に抜けるような、さわやかで洗練されたハーブの香りが特徴で、清潔感を感じさせてくれますよ。

ベースノートは、ジョーマローン 日本の公式サイトではアンバーウッドとなっているものの、ベチバーの土っぽい香りもほんのりするようです。

ベチバーの香りは、自然の中にいるような雰囲気を感じさせてくれます。

ライム バジル & マンダリン コロンの香りの保ちは?

多くの柑橘系フレグランス同様に、ライム バジル & マンダリン コロンも香りの持続性は短めとなっています。

ジョーマローンの「コロン」は、一般的なフレグランス製品での分類はオードトワレに該当しますが、持続時間は2~3時間程度とライトな作りです。

ブランド公式で香りの重ね付けを推奨していることも、ライトな理由の一つかもしれません。

ライム バジル & マンダリン コロンのオススメ利用シーン

気軽にパシャパシャと重ねて使ったり、シャワー後や汗をかいた後に使うなど、利用シーンはたくさんありそうです。

私のオススメは、朝です。

周囲への拡散を配慮するなら、通勤時に重い香りはできるだけ避けたいもの。

満員電車に長く乗って通勤する際には、汗ばんで体温も上がりやすく、周りへの香害にも配慮したいものです。

ライム バジル & マンダリン コロンであれば、香りそのものが軽くスッキリしているため、朝にピッタリです。

香りの変化がドライダウンまで進み、香りが消え去ったお昼休み頃に、他の香りを重ねても邪魔をしません。

昼間と夜で香りを変えたい日にも、夜にまとう香りに影響しないところも使い勝手が良いですね。

ライム バジル & マンダリン コロンのイメージ

ライム バジル & マンダリン コロンは、中性的な印象の香り。

男女兼用で使える作品だと思います。

香りで女性らしさを演出したい時よりも、スッキリしたい時、リフレッシュ目的にかなうと言えるでしょう。

もし女性らしさをプラスしたいなら、ジョーマローンならレッドローズ コロン、ピオニー & ブラッシュ スエード コロンをコンバイニングすると、華やかな印象に。

ライム バジル & マンダリン コロンのラインナップ

体にまとうフレグランス製品のほかに、ディフューザーやキャンドルといったお部屋のフレグランスも作られています。

玄関やリビングなど、リフレッシュ&リラックスしたい空間を洗練させたい時にも◎

その他にもハンドウォッシュやボディクリーム、シャンプー・コンディショナーといったボディケアのラインナップがありますが、インターネット上では少々レアかもしれません。

ライム バジル & マンダリン コロン

ライム バジル & マンダリン ディフューザー

ライム バジル & マンダリン ボディーローション

ライム バジル & マンダリン ボディクリーム