朝や出かける前に香水をまとう時のテクニック!

朝、いちばんに香水をまとう!という方は、恐らくほとんどいないと思います。

では、お出かけの直前、仕上げにまとえばいいのでしょうか?

それも違います。

私が会社に出かける前、いろいろ試した中でたどり着いた、オススメの方法をご紹介していきます。

girl-1076998_1920

スポンサードリンク

あなたがお出かけの前、おうちで香水をまとう時間は?

ついつい、やりがちな朝の状況

慌ただしく、ドレッサーの前で手首に吹き付けるだけでしょうか?

それとも、玄関でつけている?

オフィスにジャケットを羽織って出掛ける方や、冬場など厚着をする季節は、肌の露出が少なくなります。

必然的に、香水を吹き付ける部位が決まってきてしまいますね。

それではもったいない。

また、出掛ける直前に手首や髪につけるだけでは、電車の中などで体温・気温が高まった時、周囲への「香害」となってしまうことも。

香りを使いこなすなら、ぜひ、朝の支度の順番を入れ替えてみてください。

どんな家庭にもあるアノ場所で

一人暮らしの方はもちろん、家族と一緒に暮らしている方にもオススメの、朝、香水をまとうのにピッタリな場所があります。

それは、バスルーム。

hotel-890218_1280

バスルームがなぜ良いかというと、下記の理由が挙げられます。

    (1)換気扇がある

    (2)壁や床を洗い流せる

    (3)家具がない

(1)換気扇がある

どんなに小さなバスルーム(またはシャワールーム)にも、換気扇が付いています。

空間に香りを振りまいても、外気と入れ替えられ、比較的早くに、家の外へ出て行ってしまいます。

また、最近の設備では、換気扇にタイマーが付いているタイプが多くなっていますね。

帰宅するまで換気扇を回しっぱなしにするのが不安な方は、タイマーを使えば安心です。

その時の気温・湿度や、家屋の立地などにもよりますが、30分ほど換気扇をまわせば、香水の香りは飛んでしまうでしょう。

(3)家具がない

リビングルームやベッドルームで香水をまとおうとすると、近くに家具があることがあります。

一人暮らしの方はそれで良くても、家族が一緒に暮らしている場合は、いろいろな問題が出てきそうです。

家具に付いてしまうのは、できるだけ避けたいですよね、

香水の成分は、アルコールが多くを占めている都合上、木製の家具や床への付着によって、変色してしまうことも。

できるだけ、家具や家電製品がない部屋でまとうのが良いのです。

(2)壁や床を洗い流せる

その点、バスルームであれば、香水が吹きかかっても水で洗い流すことができ、安心です。

あなたの次に家族がバスルームを使う場合は、換気扇をまわすとともに、壁や床を軽くシャワーで洗い流せば、より早く香りが飛んでゆくでしょう。

shower-1502736_1920

理想的なまとい方ができる

上記のようなバスルームの特長を活かすと、何の心配もなく、空間にスプレーすることができます。

バスルームでの香水のまとい方

余計なものがないバスルーム。

できれば、衣類を身につける前に香水をまとうのがポイントです。

お腹や背中など、胴体に香りをまとう習慣がない方でも、服を着る前にこの方法を試してみてください。

まず、天井に向かってワンプッシュします。

すると、いったん上に吹き付けられた香水が、霧状になって下に落ちてきます

この香りのシャワーをくぐるようにしてみてください。

香りが散ってしまうので、吹き付けた香水の全部を受けることはできません。

もったいないと思うかもしれませんが、これが、ふわりと香りをまとう秘訣なんです。

腕につけたい場合は、香りのシャワーの中に腕をくぐらせてくださいね。

その他の部位では、バスルームの空間を活かし、スプレー口と香水をつけたい部分を、できるだけ30センチ以上離し、香りのシャワーを吹き付けてみてください。

スプレー口と肌を近づけてまとっていた時と比べると、つけたての瞬間から香りがまろやかになり、キツさが抜けるのがわかると思います。

ふんわりと香りがつくことで、香害を防ぐのにも役立ちます

この方法を試す場合は、バスルームの中が濡れているととても滑りやすいので、くれぐれも気をつけてくださいね。

シャワールームの場合

シャワールームの場合は、室内が狭く難しいかもしれませんが、その場合は天井に吹き付けるようにしてみてください。

上から降ってきた細かい霧状の香水を、ふわりとまとうことができます。

上を見続けていると、顔の上に香水が落ちてきます。

目に入ると痛みますので、入らないよう、注意してくださいね。