アニック グタール アン マタン ドラージュ Un Matin d`Orage

アニックグタールのガーデニアをモチーフにした作品、アン マタン ドラージュ。

この作品は、はじめにオードトワレ版が登場し、その5年後にオードパルファム版が生まれました。

2作品の違いも踏まえて、詳しく見ていきましょう。

アニック・グタール アン マタン ド ラージュ EDT 50ml [並行輸入品]

スポンサードリンク

オードトワレ版の香りの構成

オードトワレ版は、嵐が過ぎた朝、露に濡れたクチナシの花(ガーデニア)が咲く日本庭園をイメージした作品です。

オードトワレ版は、梅雨から初夏にかけてのしっとりとした季節にピッタリです。

トップノート:レモン、ジンジャー、グリーンノート
ミドルノート:ガーデニア、マグノリア、ジャスミン
ベースノート:サンダルウッド
調香師:イザベル・ドワイエン

アン マタン ドラージュ オードトワレは、調香師が日本を旅行した際のエピソードを元に誕生した作品。

嵐が過ぎた朝、宿泊した旅館の戸を開けた時、お庭から漂ってきたガーデニアの香りに日本を感じたのだそう。

出典:アニックグタールのショップスタッフさんからの情報です。

ガーデニアの香りでありながらも、ガーデニアやマグノリア、ジャスミンといった強く香りがちな白い花々が濃厚すぎず、繊細な生花を思わせる自然な香りが特徴です。

その分、香りは軽く、持続時間は短めとなっています。

オーガニックコスメや、ナチュラルなものが好きな方に、ぜひオススメです。

オードパルファム版の香りの構成

オードパルファム版は、ガーデニアを一人の魅力的な女性に喩え、センシュアルな作品に生まれ変わりました。

オードトワレ版よりもグッと女らしく、デートにぴったり。

トップノート:ガーデニア
ミドルノート:チュべルーズ、ジャスミン
ベースノート:バニラ、ガヤックウッド、ミルラ
調香師:アニック・グタール、イザベル・ドワイエン

つけたてからミドルノートにかけては、みずみずしいガーデニアとマグノリアの共演が美しいです。

ラストノートにかけて、チュベローズとバニラがとろけるような甘い香りが肌から立ち上ります。

オススメのバージョンはどっち?

オードパルファム版は、男性が手放したくないイイ女の香り、と言ったら良いでしょうか。

夜のクラブ活動向けと言えるほど濃厚ではなく、昼間のイメージを持った清潔感のある作品です。

清楚な雰囲気をキープしたいあなたにも挑戦しやすいと思います。

オードトワレ版の魅力

オードトワレ版のナチュラルさは、まるでアロマテラピーブランドが作ったナチュラルフレグランスのよう。

まとっていて癒される、ざわざわした心が落ち着く香りです。

カレや旦那さんのためというよりも、自分のために使いたくなる、そんな静かな作品です。

アン マタン ドラージュのラインナップ

アニック グタール アン マタン ドラージュ オードトワレ

ナチュラルで優しい雰囲気が魅力的なオードトワレ。

強い香りが苦手なあなたも、きっと気持ちよく使えるはず。

アニック グタール アン マタン ドラージュ オードパルファム

そばにいる大切な人に、さりげなく自分をアピールできるオードパルファム。

みずみずしいお花の甘さと、ミルキーなドライダウンへのうつろいを楽しめる美しい作品です。