ベルガモット

香水レビュー

武蔵野ワークス Summer(サマー)2017年限定

早々に秋を迎えてしまったのか?と寂しくなった東京の夏。 今週に入り、暑さが戻ってきましたね。 このまま秋の香り探しかな・・・と心が傾きかけていたところ、まだ紹介していなかった夏の香りがありました。 今回は、武蔵野ワークス2...
香水レビュー

フレデリック・マル カーナルフラワー  Frederic Malle Carnal Flower

いよいよ晩夏に差し掛かり、秋物カラーを身に着けた女性たちも、チラホラと見かけるようになってきました。 日本の夏は湿気が多いため、濃厚な香りをキレイに使いこなすことは難しかったと思いますが、秋からの新しい季節は、フレグランスを楽しむには...
クリード

クリード ロイヤル プリンセス ウード ROYAL PRINCESS OUD

ようやく梅雨が明けましたね! 今年は早くから気温が上がり、台風やゲリラ豪雨も例年より早く発生しているせいか、もうとっくに夏になっているような気分でいました。 そんな私、夏が来たら、ぜひ紹介しようと思っていた作品をあたためていたの...
スポンサーリンク
香水レビュー

クリスチャン・ディオール デューン(レディース版) Dune

クリスチャンディオールのデューン。 90年代を語るにあたって、ハズせない作品の一つですよね。 なぜかこの作品は、極端に暑い時期、または極寒の時期にまといたくなってしまいます。 1991年の発売ということもあり、いまの若い人...
クリード

クリード ジャルダン アマルフィ Jardin d’Amalfi

あなたが柑橘系、オレンジの花の香りを求めるのは、どんな時でしょうか? 私にとって柑橘系や、オレンジブロッサムは、これまで長い間、暑い時やのどが乾くような乾燥した時に、手に取るような気がしていました。 気候による要因が大きかったの...
ザ・ディファレントカンパニー

ザ・ディファレントカンパニー ベルガモット

ムシムシと湿度が上がるこの時期。 香りを楽しむ以前に、吹き出る汗を止めて、なんとかしてこの不快で重たい湿気を押しのけたい・・・ そんな憂鬱なこの時期に求めたくなるのは、やっぱりシトラス系のフレグランス。 今回は、この時期に...
セルジュ・ルタンス

セルジュ・ルタンス ファイブオクロックオジャンジャンブル(ジンジャーが香る午後5時)Five O`Clock Au Gingembre

午後5時のティータイム。 それは、女性たちの優雅なアフタヌーンティーや、“ゆるふわ”お茶会とは違った、ちょっと大人のティータイム・・・ 古き良き英国の、礼儀正しいティータイムに招いてくれるような特別感を感じさせる作品です。 ...
香水レビュー

ブルガリ オ・パフメ オーテヴェール Eau Parfumee au The Vert Bvlgari

まるでもう、夏のような日差しの強い日が続いたり、かと思えば、梅雨らしく雨が降ってジメジメしたり。 この時期は、憂鬱な気分を晴らしてくれる柑橘系のフレッシュな香りや、しっとりと雨に濡れた葉を思わせるグリーン系の作品を求めたくなります。 ...
ペンハリガン

ペンハリガン アイリス プリマ Iris Prima

しっとりとした肌寒い気候が続く、梅雨に入りましたね。 なんだか憂鬱な気分、早く夏が来ないかな・・・とう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、香りの観点からすると、梅雨は普段と違う作品が輝き始める、魅力的な季節の一つなんですよ。 ...
クリード

クリード アクア フィオレンティーナ Acqua Fiorentina

先日、香水コーナーのスタッフさんとお話していて、興味深いエピソードを伺いました。 男性がイメージする女性のフレグランスと、女性が自分のために選ぶフレグランス。 なぜか、イメージが異なるところがありませんか? 今回ご紹介する...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました